複数社からのお借り入れがあり、返済にお困りの方は中央リテールでおまとめがおすすめです↓

借金が返せない時の『差し押さえ』の実態

借金をしていて返済が滞った時、半ば強引に財産を取り上げられるのが差し押さえです。
いざ、給料などを差し押さえられてしまったら生活にも困ってしまうことになるでしょう。

差し押さえとはどういうものなのか、どのように行われるのか、また差し押さえを免除される方法はないのか、などについて、差し押さえの実例を含めてこちらで解説したいと思います。

差し押さえの実例

実際に差し押さえが行われたAさんの例をご紹介します。

Aさんの場合

Aさん(女性)はソーシャルゲームにのめり込み課金を続け、つい生活費までつぎこんでしまった事からキャッシングを利用し始めました。

一度課金をするとやめられなくなってしまい、何度もキャッシングを繰り返すうちに、気が付くと借金は夫にも言えない程の金額に膨れ上がっていました。

この時点で夫に打ち明けて謝罪すべきでしたが、返済が滞り金融機関から督促の連絡が何度もあっても、全て無視していました。
そして借金の返済をしなくなって4か月ほどたつと、今度は裁判所から通知が来ましたが、これもAさんは無視しました。
すると夫の給与が振り込まれる銀行口座が差し押さえられ、結局夫にも知られる事になりました。

差し押さえの流れ その1

借金の返済日を過ぎて返済が行われなかった場合、返済日または数日以内に電話や書面で返済催促の連絡が来ます。

差し押さえの流れ その2

それでも借金の返済が行われずに1週間以上から数カ月が過ぎると、頻繁に返済の催促が行われるようになります。

差し押さえの流れ その3

ここまで来ても返済がなされない場合には、消費者金融などの債権者は裁判所に差し押さえの手続きを行い、本人の元に裁判所への出廷要請が届きます。
ここで出廷した場合には、借金の返済ができるかどうか判決が下される事になります。

もし出廷しない場合は、借金を返済する意志はないと見なされ、債権者の主張が判決に認められ、差し押さえになる可能性が高くなります。
出廷してもしなくても借金を支払う事になるのだから同じではないかと考える人がいるようですが、決してそのような事はありません。

出廷しなければほとんどの場合差し押さえが行われますが、出廷して債権者と直接会う事によって、真摯な態度が認められ、差し押さえが免除されることもあります。

出廷要請が届き2週間以内であれば異議申し立てが出来ますが、弁護士を雇うなどするとそこで費用が発生する事になります。
弁護士費用はケースにもよりますが10万円~50万円ほどかかります。

また裁判所が遠方な場合には、そこまでへの交通費も掛かってしまいます。借金の返済が滞っている人は、それらのお金を工面するのも難しいのではないでしょうか。
裁判に出廷はしたいけれど経済的に難しいという場合には、「擬制陳述」を送る事で、実際に裁判所に行かずして裁判に参加する事も出来る仕組みがあります。

また、もし遠方の裁判所であった場合には「移送申立」を行う事で、近くの裁判所に移してもらう事も出来ます。

差し押さえの流れ その4

裁判所で差し押さえの判決が下された場合には、次のものが強制的に借金の返済に充てられる事になります。

  1. 給料の4分の1 … 会社に連絡が行くため職場に差し押さえの事実が知られる
  2. 自動車や個人の船舶などの乗り物 … 通勤で使っていても公共交通機関があれば差し押さえの対象となる
  3. 生活に必要ない価値のあるもの … 証券・パソコン・骨董品・装飾品など
  4. 貯金 … 銀行に預けられている貯金や預金

生活に必要な家や土地、家具、家電、食料などは差し押さえの対象にはなりません。
また年金は対象外ですが、銀行などに預け入れると貯金や預金と見なされ対象になります。

対策

差し押さえになった場合、弁護士に対応を依頼する事になりますが、その際にかかる費用よりも、借金を法的に整理する債務整理に掛かる弁護士費用の方が安く済む事があります。

差し押さえになるよりも、その前に債務整理の手続きをした方が金銭的にも良いと考えられます。くれぐれも借金の時効までなんとかやり過ごそうなどとは考えない事です。
そのような事をすれば、自分がどんどん不利な立場に追い込まれるだけです。

プロミス

関連記事

  1. 主婦の方のキャッシングについて

  2. はじめてキャッシングを利用する方へ

  3. 属性が審査では重視される

  4. 無職でもキャッシングの審査に通る方法があるというのは本当?

  5. 1社以外のキャッシングの利用について

  6. どうしても審査は必要?

新着記事

PAGE TOP