キャッシングで作った借金は自己破産できない?

借りているお金が返せなくなった時、最悪の場合には自己破産すれば良いと考えている人はいませんか?
そういう人がいざ自己破産をしようと弁護士を訪ねると、「あなたは自己破産出来ません」と言われる事があります。

実は自己破産は誰でも簡単に出来るものではないのです。
この記事では自己破産が出来ない理由についてご説明したいと思います。

圧倒的に審査が早い!初めての方でも操作が簡単!

プロミスの便利なWEB申し込みはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

プロミス

自己破産出来ない理由

自己破産とは、破産手続きや免責手続きによって、最低限の生活を行うための財産を除いた現在の財産を手放し、その代わりに借金を帳消しにしてもらう債務整理の一種です。
裁判所が自己破産を許可するかしないかは、「破産法 第252条」で定められています。

免責許可の決定要件等

その条例の内容について、わかりやすく解説します。

自己破産出来ない理由 その1

お金を貸してくれた人たちに、あえて迷惑をかけようと高価なものを安く処分したり所有物を破壊したりする行為をした人は、自己破産出来ません。

自己破産出来ない理由 その2

返済能力がなくなっていた状態で、さらに借金をした人は自己破産出来ません。
例えばどうせ自己破産するのだからと、お金を借りてギャンブルをしたり飲食などで浪費したりした人です。

自己破産出来ない理由 その3

自己破産した場合には、自分の財産を全てお金に換算して、それを貸してくれていた人の額に応じて平等に分配する事が必要です。

2社以上から借りていた場合には、それぞれ平等に返さなければいけないのにもかかわらず、A社には全額返済、B社には返済しないというような行為はいけないとされています。

自己破産出来ない理由 その4

ギャンブルや浪費で財産を使い果たして作った借金の場合、自己破産は出来ません。

自己破産出来ない理由 その5

自己破産になると自覚していながら、その1年前から現在までに証券会社などをだまして株などを取得した人は自己破産出来ません。

自己破産出来ない理由 その6

自己破産の際に、帳簿や書類、物件などの財産を隠し持ったりしてはいけないという事です。
例えば車や家の所有権を家族や知人などに移し、それらを後から自分の所有にもどす行為などをした場合には、自己破産は出来ません。

自己破産出来ない理由 その7

自己破産する事で財産は債権者に平等に返済されなければなりません。
関係のない人を債権者に仕立て上げたり、実際の債権者をそこから外したりしてはいけません。

例えば家族や知人などを債権者に加えて、財産の一部を確保しようとすると自己破産は出来ません。

自己破産出来ない理由 その8

自己破産の際に、虚偽の説明をしたり、説明することを拒むと自己破産は出来ません。
例えばギャンブルによる借金を、生活費のために借りたなどと偽る事です。

自己破産出来ない理由 その9

破産管財人、保全管理人、破産管財人代理又は保全管理人代理の職務をわざと妨害するようなことをすると、自己破産は出来ません。

自己破産出来ない理由 その10

自己破産や個人再生を1度行ったら、その後7年間は自己破産出来ません。

自己破産出来ない理由 その11

破産の経緯の説明や新たな財産の開示などを求められたとき、正直に話さないと自己破産は出来ません。

まとめ

以上のような理由で、キャッシングで作った借金を理由にした自己破産は許可されない事があります。
自己破産は誰でも簡単に出来ると思わないようにして下さい。

プロミス

関連記事

  1. 3社以上の複数社から同時に借り入れをしたい時の注意点

  2. 知っていると便利なキャッシングのコツ

  3. キャッシングを利用すると信用情報に傷はつくのか?

  4. キャッシングの利息を最安で利用する

  5. 気をつけるべき借り入れトラブルについて

  6. 失敗する人には共通点がある!キャッシングで失敗しないために覚えておくこ…

新着記事

PAGE TOP