内容確認について


虚偽がないかの確認は避けて通れない

キャッシングを申し込んだ際に、入力した情報に間違いがないかの確認をキャッシング業者が確認を行います。
主に3項目をチェックされるケースが多いです。業者側に疑われているようでいい気分はしないかもしれませんが避けては通れない道です。

  • 現住所
  • 電話番号
  • 勤務先

の3つの確認がとられます。

以下で詳しく解説していきます。

3項目の確認

現住所

もし、引越しをしているにも関わらず、住所変更をしていなかったりすると、業者側からの現住所の確認で引っかかってしまうケースもあるようです。
申し込み時に現住所の入力をしたにも関わらず、そこに住んでいないことが問題になります。

また、以前の住まいから、夜逃げのような形で出てきた場合や友人などの家を転々として、住所が定まっていないと引っかかってしまう可能性が高いです。

電話番号

固定電話、携帯電話のどちらも実際に業者が直接電話をかけて確認をとります。

ここで注意すべき点として、キャッシングの申し込みを行う時は、固定電話にせよ、携帯電話にせよ、しっかりと料金を払ってつながるようにしておくことです。
意外と電話の料金を支払っていない状態でキャッシングの申し込みを行う人は多いようです。

というのも業者側が電話で確認を取った際に「おかけになった電話はお客様のご都合により使用できません。」というアナウンスが流れてしまうとイメージが悪くなるだけではなく、審査にも引っかかってしまうこともあります。

勤務先

業者側が勤務先に確認の電話をする理由は、いわゆる在籍確認です。
もしかしたら、会社名を名乗られて、会社の人に借金をしているのがばれてしまうかもしれないと不安に思うかもしれませんが、会社名を名乗ることはないので安心して下さい。

また、あくまで、在籍しているかの確認なので、電話がある日に申し込みを行った本人が職場にいる必要はありません。「そのような名前のものはうちの会社には在籍しておりません」というような返答がなければ問題ありません。

まれに、自営業者の知人に頼んで、そこで働いていることにしてもらっている利用者もいるようです。
もし、そこの職場で働き始めたのが1週間ほどで勤務期間が浅かったとしても在籍確認は取れるはずです。



関連記事