キャッシングやローンの種類


目的の違いや利用者の違い、貸す業者側の違い

キャッシングやローンには様々な呼び方があるので混乱する方もいると思います。

例を挙げると「銀行カードローン」「住宅ローン」「おまとめローン」や「レディースキャッシング」「無利息キャッシング」などがあります。

どのキャッシングもローンもお金を借りるという根本的な事は同じですが、目的の違いや利用者の違い、貸す業者側の違いによって様々な呼称があります。

ポイン トとして、自分が求めているサービスの商品を選ぶことにより、金利などの部分で自分にとって特になることがあるので、それぞれの特色を理解しておく事をオススメします。

ちなみに、キャッシングの一般的な定義は保証人や担保が不要、使い道は自由というように捉えられています。
キャッシングとローンの呼称については大きな違いがないのが現状であり、同様のサービスだと捉えても差し支えはありません。

3つの分類

キャッシングやローンは以下の3つの分類に分けられます。

1、サービスの違いによる分類

即日キャッシング キャッシングを申し込んだその日に融資を受けることが可能なサービス。
無利息キャッシング 期間が決められてはいますが、その期間だけは利息がつかないサービス。
おまとめローン 多数の業者からの借入を1つにまとめるサービスであり、総返済額を減らすことができたり、借金がどれくらいあるかと言った管理がしやすい特徴があります。
目的別ローン 目的別に作られたサービスであり、住宅ローン、自動車ローンなどが代表的で、他にも冠婚葬祭のローンなど様々なタイプがあります。
不動産担保ローン 不動産を担保に入れる ことにで借入を行うサービス。通常のローンよりも条件は良い傾向にあります。

2、金融機関の違いによる分類

銀行カードローン 銀行が行っているカードローンサービス。
銀行系キャッシング 銀行と同一のグループであり、消費者金融などの金融機関が行っているサービス。
信販系キャッシング クレジットカード会社などが行っているサービス。

3、対象者の違いによる分類

レディースローン 対象者が女性限定のサービス。
事業者ローン 対象者が個人事業主や法人のサービス。


関連記事