キャッシングを利用する流れ

実際に融資を受けるまでの流れは申し込み方法などにより多少は異なりますが、基本的にはどれもほとんど同様であると言えます。

まずはキャッシングの申し込みを行い、審査が行われ、融資を受けるという流れになります。
インターネットからの申し込みだと、即日審査、即日融資が可能なキャッシング業者も最近は増えてきています。

キャッシングの申し込み方法には、インターネットの他、直接店舗 に申し込みに足を運んだり、無人契約機から申し込む等の方法があります。
コチラのページでは、最短で申し込んだその日に融資が受けられるインターネットでの申し込みについてその方法を解説しています。

直接、店舗に行ったり、無人契約機を利用する場合でも、事前に、インターネットから申し込みを済ませておくと、その時点から審査が始まっているので、審査の時間が短縮されます。

申し込み

キャッシングを利用しようと思ったら、申し込みをしなければ何も始まりません。まずは、自分が申し込もうとしているキャッシング業者のサイトにアクセスし、情報を確認してから、申し込みボタンをクリックして、指示されている必要事項 を入力していきましょう。

キャッシング業者に伝える情報

  • 連絡先・・・自宅電話番号、携帯電話番号、勤務先電話番号、自宅の住所など
  • 住居形態・・・今、住んでいる家が賃貸なのか、持家なのか
  • 家族・・・家族構成など
  • 仕事・・・年収、業種、勤続年数など
  • 他社利用状況・・・他のキャッシング業者からの借入状況(何社からいくらかなど)
  • 融資希望金額・・・希望している融資金額。使用用途を聞かれるケースもあります。

審査

キャッシングの申し込みが終わると審査に入ります。

審査とは、キャッシング業者がお金を貸しても大丈夫なのか、いくらまでなら貸せるのかを判断することであり、審査結果により融資ができるかできないか、いくらまでなら可能なのかを決められます。

インターネット上で入力した申し込み内容の他、信用情報センターなどの情報をもとに融資が可能か、いくらまでなら可能なのかを、それぞれの業者が独自の基準で総合的に判断します。

キャッシング業者により、審査の基準は異なるので、すべての業者に当てはまるわけではないですが、審査のポイントとして、他社利用状況や収入についてを重点的に見る傾向にあるようです。

他社利用状況というのは、他のキャッシング業者からの借入状況の 事であり、しっかりと返済できているのか、何社からいくらの借入があるのか、などのことであり、申し込みを行う時に正直に入力しなければなりません。

不利になるかもと思い、伝えたくないかもしれませんが、信用情報機関に問い合わせを行うことにより、借入状況は把握されてしまいますので、正直に入力するようにしましょう。ごまかしていたと、後になってわかることにより、審査に不利になるのは言うまでもありません。

1ヶ月に3社以上のキャッシング業者に申し込みを行うと「申し込みブラック」と判断され、審査が通らなくなってしまうケースがあります。

複数のキャッシング業者に申し込みを行うと、それぞれの業者により審査の結果が異なるので、審査がなかなか通らない場合 などに申し込むことがあるかとは思いますが、「申し込みブラック」にならないように注意が必要です。

融資

審査結果で融資が可能ということになれば、キャッシング業者から指定した口座に希望した額が入金されます。

インターネット申し込みなら、申し込み時間にもよりますがここまでの流れが1日で完結します。
カードが手元に来てからは、ATMなどを利用して自分の口座から現金を引き出すのと同様にキャッシングが可能になります。

プロミス

関連記事

  1. 属性が審査では重視される

  2. キャッシングやローンの種類

  3. 押さえておくべき返済ポイント

  4. はじめてキャッシングを利用する方へ

  5. 内容確認について

PAGE TOP