家族にバレずにキャッシングする方法

電子明細サービスを利用して家族にばれないキャッシング

もし消費者金融で借金をした事を家族内緒にしていた場合、家に借り入れや返済の明細などが郵送されてしまったら、そこには修羅場が待ち受けています。

夫や妻が相手に言わずに借金をするというのはよくあるケースではありますが、それがばれた事によってトラブルとなり、やがて離婚問題までへと発展してしまう事も少なくはありません。

一時的な少額な借金であれば、いずれすぐに返済して特に問題とならない事も多いですが、それが配偶者にばれた事によって大問題になってしまうのです。
こちらの記事ではキャッシングの明細が家族に見つからないための方法と、先にやっておくべきポイントについて解説します。

圧倒的に審査が早い!初めての方でも操作が簡単!

プロミスの便利なWEB申し込みはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

プロミス

電子明細サービスについて

キャッシングの電子明細サービスとは、金融機関のWEBサイトでマイページにログインして、借り入れや返済についての明細を閲覧できるサービスです。
紙に印刷して郵便で送る方法に比べて手間も大幅に省けるため、近年は電子明細サービスの利用を促進する金融機関が多くなっています。

電子明細サービスの利用方法

申し込み時に、電子明細サービスの利用をするかどうか確認される事がほとんどですが、もしその時に利用を申し込んでいなかったとしても、WEBのマイページの「変更手続き」などのページから、簡単に申し込めることが多いです。
公式ホームページのよくある質問のコーナーなどにも、利用方法が記載されている事が多いので、確認してみて下さい。

家族にばれないためにやっておく事

明細だけをシャットアウトできたからと言って、気を抜く事は出来ません。
内緒の借金がある事実は消えていませんから、いつ何の拍子にばれてしまうかわからないのです。
そうならないためのポイントをお伝えします。

借金はため込まない

一時的に入用で借りるのは仕方ないとしても、借りたお金はなるべく早く返すようにしましょう。
遅くとも翌月かよく翌月には全額返済するという気持ちで借りる事です。

借りたお金の使用用途を記録しておく

配偶者が自分に内緒で借金をしていた事を怒る理由は、お金を借りた事実もさることながら、「無断で借りて隠していた」という部分に怒りを感じるケースが多いのではないでしょうか。
2人の間の信頼関係も揺るがす事となり、他の部分でも信用ができなくなってしまう事もあります。

怒っている相手に許してもらうためには、「なぜ借金をしなければならなかったか」「なぜだまっていたか」そして「借りたお金を何に使ったか」、そして反省しているという事を伝える事しかありません。

例えば「今月は息子の部活の合宿代を支払わなくてはいけなくて、家計がひっ迫してしまった。来月のお給料が入ればなんとかなるので一時的にキャッシングを利用したけれど、あなたに心配を掛けたくないからだまっていました。ごめんなさい。」というような、正当な理由がある場合には、相手も一時的に怒ったとしても理解はしてくれるのではないでしょうか。
そのために借りたお金の使用用途をしっかり記録しておく事が大事です。
ただし、その用途がパチンコなどのギャンブルやブランド品の買い物だった場合には、状況はもっと悪くなりますので気を付けて下さい。

利用した金融機関からの郵便物は拒否しておく

消費者金融などを1度利用すると、その後も関連したご案内等が家に届く事があります。
配偶者が勘がするどい人だと、利用もしていないのに案内が届くなんておかしいと、疑いを持つ可能性があります。
そのようなところからいらないケンカになるのを防ぐためにも、利用した業者には案内等の郵送は拒否する旨を最初に伝えておきましょう。

プロミス

関連記事

  1. 主婦がキャッシングを利用する方法

  2. 失敗する人には共通点がある!キャッシングで失敗しないために覚えておくこ…

  3. キャッシングは1,000円単位で利用が出来ます

  4. 日本以外の国の「金融事情」って?

  5. 3社以上の複数社から同時に借り入れをしたい時の注意点

  6. はじめてキャッシングを利用する方へ

新着記事

PAGE TOP