消費者金融と銀行と信販会社のキャッシングの違いは

お金が急に必要になりキャッシングしようと思った時、まずはどこで借りるかが大きな問題となります。
消費者金融のキャッシングにするか銀行でのカードローンか、それともクレジットカードでキャッシングをするのか、どれを選べばいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。

それぞれにはメリットとデメリットがあり、それを良く理解した上で自分に合ったものを選ぶ必要があります。
こちらの記事では、消費者金融と銀行それに信販会社、それぞれのキャッシングの違いとメリットデメリットについて詳しくご説明したいと思います。

圧倒的に審査が早い!初めての方でも操作が簡単!

プロミスの便利なWEB申し込みはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

プロミス

消費者金融・信販会社のキャッシング

消費者金融や信販会社が行っているキャッシングについてです。
20年位前には消費者金融は「サラ金」などと呼ばれ、高利で取り立てが厳しいなど、あまり良いイメージはありませんでした。
しかし現在では貸金業法の改定もあり、上限金利もしっかり定められ取り立て方法も制限されているため、安心して利用できるものになっています。

消費者金融・信販会社のキャッシングのメリット

近年消費者金融の会社は数多く存在し、顧客を獲得するため各社とも様々なサービスを実施しています。
それらを使えば一定期間無利息での借入も可能です。

また貸金業法で違法な取り立てはしてはいけないと定められていますので、厳しい取り立てがないのもメリットのひとつです。
さらに審査が迅速であり、銀行では出来ない即日融資が可能な消費者金融も沢山あります。
また信販会社のクレジットカードを使ったキャッシングであれば、海外でその国の通過を借りる事が出来ます。
通貨換算をしなくて良い為ため、手数料分などがお得になります。

消費者金融・信販会社のキャッシングのデメリット

消費者金融は貸金業法の総量規制の適用となるため、年収の3分の1以上の金額を借りる事が出来ません。

銀行カードローン

銀行でのキャッシングサービスは、カードローンと呼ばれる事が多いです。
当然のことながら銀行は、企業の一つであり利益を上げる事を目的に営業しています。
ただし消費者金融の会社と違うところは、適用される法律が貸金業法ではなく銀行法だという事です。
そのためいくつかのメリットが存在します。

銀行カードローンのメリット

銀行のカードローンは最大利率が、消費者金融のキャッシングと比べて低く設定されている事が多くなります。
消費者金融のキャッシングの最大金利が18%程度ですが、それに対して銀行のカードローンお利率は15%前後です。
たかが3%と思われる方もいるかもしれませんが、借り入れる金額が大きかったり期間が長かったりすれば、大きな差となって来ます。

また、先程ご説明したように銀行は貸金業法ではなく銀行法が適用されるため、総量規制も関係ありません。
総量規制とは、利用者の年収の3分の1以上の金額を貸してはいけないと定められているものです。

銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンは現在即日融資が出来ないということと、審査が厳しいというのが大きなデメリットのひとつです。
また万一期限までに返せなかった際の督促ですが、貸金業法で無理な取り立てを制限されている消費者金融よりも、むしろ厳しいとも言われています。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングやローンの種類

  2. 活用しよう!ネットキャッシング

  3. キャッシングの便利な返済方法「口座自動引き落とし機能」について

  4. インターネットでの借り入れの申請について

  5. 専業主婦だけど借り入れをしたい!

  6. 属性が審査では重視される

新着記事

PAGE TOP