キャッシングとローンの違い

キャッシングとローンの違いについて

「キャッシング」の意味って?

私たちの日常生活でも意外と馴染み深い「キャッシング」という言葉ですが、実際は正しいこの言葉の意味を知らない人は多いのではないでしょうか。

「キャッシング」とは数百万円といった高額の融資ではなく、私達一般庶民に向けられた、数十万、もしくは数万円といった金額をキャッシング業者、もしくは銀行から借りる行為の事を指します。

そしてキャッシングは、おこなう際に一切の担保が不要となっています。
なぜならキャッシングは借り手の「社会的な信用」と「それまでの一個人の信用の実績」を基として、借りる方の「人間としての信用」をベースにお金を融資してくれるシステムになっているからです。
その事から、保証人も必要ありませんし、100%「一個人の責任」のもとに行う、消費者金融や銀行から融資を行うわけです。

「ローン」との違い

「それなら、キャッシングとローンって同じような意味なのでは・・・」そう考えられる方もいらっしゃると思います。
しかしキャッシングとローンは、数点の違いがあります。
まずは「借りるお金の目的」についてです。ローンはまず購入するもの(商品やサービスなど)が決められていて、それに対してまとまった額のお金を用意してもらい、それを指定された回数と金額によって計画的に返済していくという仕組みです。

しかしキャッシングはローンと違い、「どのような目的に使っても良いお金の借入」です。
つまり遊びに使っても、生活費を補うために使っても、何に使っても自由なお金となっています。
当然のこと、キャッシングによるお金を、ローンを補う費用として使っても良いわけですね。

さらにキャッシングは利用開始する際に「融資枠」というものが作られます。この枠内でのお金の融資は、何度でも利用することができます。例えばこの枠が「40万円」であったとしましょう。この金額内なら、最初に20万円借りて、その次に5万円借りる事もできるわけです。
トータル40万円まで借入することができ、返せば勿論、また借入することが可能です。この「融資枠」以内なら何回借入を行っても大丈夫です。

また返済する際にも、キャッシングでは「リボルビング」を取り入れていますので、融資した金額に対し、それぞれの期キャッシング会社や銀行独自の返済の数で、利用者の生活の困窮にならない程度の返済金額を定めて、それを月々返していくというシステムになっています。
その時借りた額にもよる話ですが、おおよそ12回から96回の間に返し終わるように組まれていますが、回数を多めに設定することもできます。

キャッシングの注意点

さて、上記した内容がキャッシングの利点となりますが、もちろんお金を借りるシステムですので、デメリットも存在します。

まずは前述した「ローン」と比べて、金利が高いという点です。
例えば住宅ローンのおおよその金利が2%であるのに対して、銀行が「14%」、消費者金融が「約18%」と、好きな目的で利用できる分、高めに金利を払わなければならないという事ですね。

要するに「ローン」と「キャッシング」はそもそも用途が違うものであり、キャッシングは短い期間で借りて返すのに向いたサービスであると言えるでしょう。

例えば、給料日前なのに、急遽、遠い実家に帰らなければならなくなった・・・しかし金欠だ・・・「仕方ないから一時的に数万円借りよう」といったような利用法に向いているとも言えます。
要は、一時的に立て替えてもらうためのお金を、シッカリとした返済計画のもとに用意してくれるサービスという捉え方ですね。

PAGE TOP