気を付けたい!?押し貸しに関する実情と被害

押し貸しでは、頼んでもいないのにお金を貸付されます。
勝手にお金を貸してくれることでは、有難い話だと考える人もいるでしょう。
しかし、無理矢理に貸付されたお金の返済を理由に、恐喝されたり、しつこいゆすりの被害に遭うでしょう。

押し貸しに遭うことは有難いことであるわけがなくむしろ迷惑な話です。
大抵は1万ほどの少額を振り込まれてその何倍、何十倍ものお金を請求されますから、迷惑この上ない実情があるわけです。

押し貸し被害に遭うのはどんな人?

押し貸し被害に遭う人というのは大体条件が決まっています。

  • 過去に非正規の金貸し、いわば闇金融からお金を借りたことがある人です。

  • 頼んでもいないのに口座にお金を振り込んでくるのが、押し貸しのほとんどの手口です。
    それには恐喝やゆすりを働く連中に口座の情報を知られているといったことが必要です。
    つまりは闇金融と取引したおかげで、口座のことが知られているためです。

    例えば闇金融からお金を借りて、それを完済で手を切れる段階になって闇金融からお金が振り込まれ、無理矢理に借金返済の付き合いを延ばされるといったケースが見られたものです。
    ある意味、違法な金貸しを相手にして自業自得といった実情があるかもしれません。

    違法な金融業者利用で押し貸し以外の被害もある実情

    ごく稀に闇金と手を切りしばらくした後に、押し貸し被害に遭うケースも過去には見られたようです。
    やはりこの場合もその原因は悪いことを働く連中に、口座を知られているからに他なりません。

    • 最近では過去に闇金融と付き合いがあった場合にゆすられるというのは押し貸しではなく、架空の貸付を理由に恐喝するカラ貸しの手口に変わっている実情があります。

    • 悪いこと働く連中にとってカラ貸しならば、自腹を切ってお金を振り込むその必要がないからです。

      また、口座の情報を知らなくとも電話番号など個人の情報さえ掴めていればいいわけですから、押し貸しよりも手を施しやすいわけです。
      カラ貸しの場合には、過去に闇金融に申込した本人だけでなく借入申込の際に伝えた家族や親戚、それから知人の情報を元に、それらまわりの人も被害に遭うケースも出ています。

プロミス

関連記事

  1. 知っておきたい優遇金利の活用場所と方法について

  2. 勤め先での勤続年数は、申し込み時の審査に影響しますか?

  3. 金利ってどういう仕組み?金利の基礎知識について

  4. お金を借りるときに知っておきたい法定利率法定利息

  5. 免責不許可事由とは?どんな時に適応されるのか?

  6. ノンバンクとは何ですか?

新着記事

PAGE TOP