お金を借りるなら実質年率を知っておこう

お金を借りるなら手数料や実質年率についてきちんと知っておかないといけません。
今回はそんな分かりづらい実質年率について説明していきます。

実質年率とは?

お金を貸したら、返済時に利息を支払わないといけません。
この元金に対して支払う利息の割合を金利といいます。
実質年率のこの金利や利息に使い性質を持っていますが、違う部分も持っています。

実質年率とは、返済時に支払う利息だけではなく、手数料や保証料も含めた合計費用になります。
実際にお金を借りる場合、相手の銀行や消費者金融にはいろいろな経費や手数料が必要になります。
そうした経費や手数料が蓄積されている分を支払っている。
それがお金を借りている人の現状なのです。

返済金額が実質年率で計算されている場合は、返済時に注意してみるようにしましょう。
実質年率で計算されている場合は、キャッシングなどの消費者金融から返済金以外に費用を請求されることは基本的にありません。

理由として、実質年率で返済金が計算されている場合、必要な経費や手数料も含まれて計算がされているからです。

なので、実質年率で返済する場合は返済金以外に費用を請求されることがない。それを覚えておきましょう。

自分で実質年率を計算してみましょう

実質年率を自分で計算することができれば、毎月に業者に支払わなければいけない金額がわかります。
違いがあれば、どうして違うのか質問することもできるでしょう。

実質年率を計算するのは、難しい計算をしないといけません。

素人が電卓で実質年率の計算をするのは大変ですが、最近はインターネットに気軽に計算できるサイトが存在します。

自分で計算するのをサポートしてくれるサイトもあれば、計算の代行をしてくれるところも紹介してくれます。
お金に関わることですから、実質年率を計算できる状況なら自分で計算してみるのもいいでしょう。

それが間違っているといつまで経っても返済金が減らないという状況も生まれてしまうかもしれません。
それくらい実質年率の計算は大切になってくるのです。

プロミス

関連記事

  1. カードローンは何処で借りられるのですか?

  2. 知らないと危険?根保証ってどんな保証?

  3. 日常家事債務とはどのような内容か?

  4. クレジットカードの割賦購入あっせんについて

  5. 銀行ローンと一般のローンとの比較ポイント!銀行ローンのメリットについて…

  6. 郵貯共有カードについての有益・基本情報について

新着記事

PAGE TOP