元利均等払いと元金均等のメリットとデメリットを教えて下さい。

キャッシングでお金を借りる時に見ておきたいのが、どのような返済方式であるのかということです。
この返済方式によって、利息の支払いなども違ってきますので、しっかりと理解しておく必要があります。
ここでは最も代表的な元利均等返済方式と元金均等返済方式について詳しく考えていきましょう。

元利均等払いと元金均等払いってなに?

まずは元利均等払いからみていきましょう。
元利均等払いというのは、元金と利息の合計が毎月均等であるという意味です。

  • 毎月の返済額が一定となっており、その中に元金の返済と利息の返済をあわせた形となっています。

  • つまり、支払い初期では元金の返済よりも利息部分の返済が多くなりますが、少しずつ元金の返済に充てられていきますので、完済に近づけば近づくほど利息の返済は少なくなり、元金の返済が多くなるというケースです。

    リボ払いの返済では、この元利均等払いというケースが多いので、覚えておくと良いでしょう。
    一般的に元本の返済にかかる部分が少ないこともあり、利息を含めた総支払額というのは返済期間が長ければ長いほど、多くなってしまうデメリットがあります。
    その半面で、毎月の返済額が一定であることから、返済計画が立てやすいというメリットもあるのです。

    対する元金均等払いについて考えてみましょう。

    • こちらの場合は最初に借りた元本の部分を返済期間に応じて均等に割り、返済をしていくことになります。

    • そこに利息分の支払いを上乗せしていくという形であり、元金部分の残高にあわせる形です。

      つまり元金均等払いとは元金部分を毎月均等に支払うという返済方式になります。
      返済初期に関しては、元金の残債が多いことから利息の支払いも多いのがデメリットとなりますが、返済が進んでいくのにつれて利息の支払いが減っていきますので、楽になっていくのがメリットです。
      また、元金部分の返済に利息が上乗せされる形となるので、毎月の返済額そのものも一定ではないので、支払い額の確認を忘れないようにする必要があります。
      ただし、元金の返済が早く進んでいきますので、元利均等払いよりも総返済額が少なくてすむというメリットもあるのです。

      元利均等払いで上手く返済する方法は?

      基本的にキャッシングでの返済では、元利均等払いであることが一般的です。
      毎月の返済額が一定であるので、返済計画が立てやすいということも、選ばれている理由の1つかもしれません。
      ただし、キャッシングの場合は毎月の定期的な返済の他にも随時返済できますので、お金に余裕があるのなら早く返してしまうことも可能です。
      元利均等払いであってもやり方次第では上手く返済をすることができるでしょう。

プロミス

関連記事

  1. 本人属性とは何ですか?

  2. 消滅時効とは?気になる消滅時効について

  3. 銀行やコンビニのATMでキャッシングの申し込みはできますか?

  4. 収入証明書とは何ですか?

  5. 派遣社員でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  6. お金を借りる時に知っておきたい定率リボルビング

新着記事

PAGE TOP