借金と特定調停の関係・特定調停について知っておきたい事

現在抱えている借金がなかなか減らずに困っている。
そんな人にお勧めなのが借金の負担を減らしてくれる特定調停です。
あまり知られていない特定調停ですが、どんな仕組みなのでしょうか?

特定調停とは?

特定調停とは、借金の返済が上手くいっていない人に向けて作られた制度です。
これにより借金の負担を大きく減らすことが可能になります。

借金の返済が滞っている債務者の申請により特定調停は始まります。
特定調停は、簡易裁判所がお金を借りている債務者と貸している債権者の仲介をしてくれるのです。

  • 簡易裁判所は返済条件の軽減などの仲介を行い、債務者の借金返済に向けて生活を立て直すきっかけを作ってくれます。

  • 裁判所の仲裁内容

    簡易裁判所は特性調整でどんな仲裁をしてくれるのでしょうか?
    裁判所は任意整理として、債権者からこれまでの返済履歴と提示してもらい、借金をした当初までじっくり調べることから始めます。
    利息制限法の上限である15から20パーセントによる引きなおし計算をするためです。

    • この引きなおし計算によって減額された元本を参考にして返済プランを作ってくれるのが簡易裁判所の仲裁内容になります。

    • メリットばかりではない特定調整

      特定調整は債務者のメリットばかりに働くわけではありません。
      債権者が特定調整に協力的でない場合もあり、それにそぐわない対応をする場合もあるからです。

      また、簡易裁判所によっては特定調整の基準にバラつきがでる可能性もあり注意が必要です。
      任意整理では原則として調整成立までの期間の将来的利息を支払わなければならないので、債務者は注意して行うようにしましょう。

      • 特定調整を実行するには条件もあります。

      • 減額後の借金が3年程度で返済可能な人、継続して収入を得る見込みがある人など全ての債務者が特定調整が出来るわけではありません。
        自分が特定調整ができる条件なのか……きちんと調べてから行うように弁護士などの法曹関係者と相談するようにしましょう。

プロミス

関連記事

  1. 信用情報センターとは何ですか?

  2. 銀行口座を持っていなくてもキャッシングの利用は可能?

  3. 限度額はどのようなタイミングで上がりますか?

  4. キャッシングを利用して借りたお金を繰り上げ返済することは可能ですか?

  5. 集金代行について・集金代行の現状

  6. 浮き貸しっていったい何?

新着記事

PAGE TOP