バルーン返済方式ってどういう返済なのか?


借金やキャッシングの返済にはいろいろな方法があります。
その1つに『バルーン返済方式』と呼ばれる返済プランがあります。
いったいどのような返済方法なのでしょうか?

バルーン返済方式と

バルーン返済方式とは、返済資金が将来的に準備できる見込みがある場合に利用できます。
まず借入期間とは別に長く設定できる想定期間を設定します。

  • 毎月の想定期間を基準にしてあらかじめ算出した計算式によって、毎月の返済を行っている返済方法をバルーン返済といいます。

  • バルーン返済を行うと、借入期間の最終月には残っている借金を全て返済する必要が出てきます。
    この時の最終的な月の返済額がバルーンのようにどんどん膨らんでしまうのでバルーン返済と呼ばれています。
    まるで風船がぷくぷくと膨らむように、最後に大きな借金が残り、それをボーナスや退職金など将来的に準備できる資金で返済するのが基本です。

    バルーン返済の使われ方

    バルーン返済は高額なお金で買い物をする時に使われる返済方法です。
    不動産などの住宅取得をするときにバルーン返済を使う人が多いようです。

    長期に渡って借金の返済をするのが、バルーン返済の基本的なスタイルです。
    何年か後に確実にお金が入ると分かっている場合に使われるのです。

    バルーン返済の使われ方として、何年か後にある退職金を住宅ローンの支払いに当てる。。これがバルーン返済の一例です。

    • バルーン返済は月々の返済が抑えられ、将来的に決まっている退職金などを支払いに当てるので毎月の負担を少なくすることが可能です。

    • 住宅ローンを組んでいる場合が多い子育ての世代は毎月の返済に余裕が出ない場合も多いので、バルーン返済は有効な方法です。

      無理なく自分の住宅取得を目指せるので、マイホームの取得を考えているのなら、バルーン返済を利用するのもいいでしょう。
      退職金など将来的に必要なお金の準備がありますが、きちんと計画を練って行えば、バルーン返済はあなたにとって理想的な返済方法になるはずです。



関連記事