良く聞く社内ブラックとは?

社内ブラックという単語を聞いたことはありませんか?
クレジットカードの支払いを滞納している人が載る業界のリストがブラックリストなのは一般的に広く知れ渡っています。
では、社内ブラックとはどんな事を指しているのでしょうか?

社内ブラックとは?

社内ブラックとブラックリストは似ています。
決定的に違うのは、社内ブラックはその会社だけで情報のやり取りや保有をしている状態を指しています。
データに載っているのが支払いの滞納やトラブルをしている人というのは社内ブラックもブラックリストも変わりません。

載っている人物は借金などでお金を借りている会社となんらかのトラブルを起こしていると考えておきましょう

社内ブラックに載るとどうなってしまう?

社内ブラックに名前が載ると、どんな問題が出てしまうのでしょうか?
まず、その会社の社内ブラックのリストに名前が載ってしまうと、何年経過してもその会社のクレジットカードやキャッシングが利用できない場合があります。
通常のブラックリストは基本的にほかの会社の審査に影響が出てしまいますが、社内ブラックに載ると、その会社の審査に大きな影響がでます。

ブラックリストは信用情報機関に情報が登録された状態になります。
5年から7年ほどで、ほとんど新しく情報が更新されるので、審査に通ることもあります。
それ以上の年数が経過すれば、ほとんどの金融機関でまたキャッシングをしたり、クレジットカードを持てるようになるでしょう。

しかし、社内ブラックに登録されると上手くいきません。
あくまでの会社の内部データなので信用情報機関のように更新がされたり、保有期間に限りがあるわけではありません。
いつまでの会社とトラブルを起こした人として情報が残る場合があるのです。

社内ブラックに情報が残るということは、その会社で発行してくるクレジットカードやキャッシングが利用できないことを指します。

永久ブラックという別名が社内ブラックにあるくらいですから、載るのは大きなトラブルを生むでしょう。

プロミス

関連記事

  1. 銀行ローンと一般のローンとの比較ポイント!銀行ローンのメリットについて…

  2. キャッシングで知っておきたい残高スライド方式

  3. 個人信用情報とは何ですか?

  4. 「30日間無利息」という広告を目にしますが、本当ですか?

  5. 貸金業規制法って昔と今はどう変わっている?

  6. 実質年率とは何ですか?

新着記事

PAGE TOP