キャッシングとカードローンの違いを教えて下さい。


急にまとまったお金が必要になったとき、すぐに借入れができる方法として便利なのがキャッシングとカードローンです。

しかし、どちらを利用したほうがメリットがあるのか、それは両者の違いを理解しておかなければ分かりません。
そこでまず、キャッシングとカードローンではどう違うのか、この点をまずはっきりさせておきましょう。

キャッシングとは

キャッシングとは、キャッシングカードを利用してATMなどからお金を引き出すことができる借入方法のことです。
おそらく身近な借入方法としては最も有名だと思われますが、スピーディーに借入ができるその利便性が利用者からも評価されています。

カードローンとの決定的な違いでいえば、返済方法を挙げることができるでしょう。

カードローンの場合は基本的に分割払いになりますが、キャッシングでは翌月一括払いになります。

今月借りたら来月にはもう全額返済しなければならないということで、一回に返済する金額は大きくなりますが、その分、借りたお金を早く返して完済させることができます。

したがってキャッシングの場合は、返済日に確実にお金が用意できる見通しが立っている場合に利用する借入方法といえるでしょう。

分割払いではないので返済計画が立てやすく、また利息の計算もしやすいというのがキャッシングの特徴でもあります。
ただし、一括払いとはいっても元金だけを返せばいいわけではなく、元金に合わせて利息分も返済しなければなりません。

カードローンについて

カードローンも、借入方法はキャッシングとほぼ同じといっていいでしょう。
いわゆるローンカードを発行して、そのカードを使って消費者金融の窓口やATMからお金を引き出すのがカードローンの借入方法です。
一度に引き出せるお金の上限額は契約内容によって定められており、利用には審査が必要ですが、審査に通れば決められた枠内で何度でもお金を引き出すことができます。

キャッシングと決定的に違うところは、やはり返済方法です。
キャッシングの返済方法は翌月一括払いですが、カードローンの場合は「分割払い」になります。

毎月小額ずつの返済になるので、一回あたりの返済額の負担は軽くなりますが、その分返済期間は長くなります。

また、借入期間が長くなることから、返済計画は慎重にまた綿密に立てておかなければなりません。
カードローンは、どうしても一括払いが難しい場合に利用すればとても便利で、収入の少ない人でも無理なく返済することができます。



関連記事