キャッシングに関する日割り計算で知っておくべき情報


金利はお金を借りるときに注意したい項目の一つ。
キャッシングやクレジットカード、カードローンなどいろいろな金融商品がありますが、利子の基準である金利があるのはどれも同じです。
キャッシングなどにおける金利はどのように計算されているのでしょうか?

金利の計算方法

お金を借りるときに必要になってくる金利は日割り計算で算出されます。
金利というのは、お互いに間違いがあってはいけないものです。
お金を貸すビジネスをしている金融業者は金利を受け取り、会社の利益を出しています。
報酬として金利を見ている業者も少なくないので、日割り計算法による算出はお互いにとって重要な項目になっています。

金利の計算方法で使われる日割り計算法。どのように計算されるか気になっている人も多いでしょう。

  • 金利は基本的に1日単位で計算がされます。

  • 月単位や年単位で金利が計算されるのではなく、日割り計算法の特徴として1日ごとに金利が計算されます。

    例を挙げると、年利で20パーセントの借金をした場合、1日あたりの利子は20パーセントを365日で割った値が計算されます。
    金融業者によって年利の値は異なりますが、計算方法は同じです。

    なぜ日割り計算法を採用しているのか

    どうして金融業者の多くは日割り計算法を採用しているのでしょか?
    理由は返済という仕組みに隠されています。

    基本的に返済は事前に契約で決まられた日より早く返済するのが一般的です。
    銀行口座引き落としを利用している人もいますが、ATMでの振り込みは当日ではなく早めに振り込んでしまう人が多いです。

    その時に注意したいのは日割り計算法の仕組みです。

    • 日割り計算法にしなければ、計算式の仕組みにより契約で決めた利息よりも大きな値をとられてしまいます。

    • 早めに支払うということは、契約時の支払い日と差が生まれ、これが利息を大きく変えてしまうのです。
      これを防ぐために間違いのない日割り計算法を採用しているのです。
      キャッシングで借金をしている人は覚えておきましょう。



関連記事