収入証明書について・収入証明書が必要なときは?

キャッシングやクレジットカードの申し込みには収入証明書が必要な場合があります。
金融機関から収入証明書の提出を求められることは珍しいことではありません。
収入証明書とはどんなものがあるのでしょうか?

収入証明書の種類とは?

収入証明書にはいくつかの種類があります。

  • 源泉徴収書や確定申告書、給与明細や賞与明細、所得証明書が一般的です。

  • キャッシングやクレジットカードの申し込みで添付書類として提出を求められる場合もあります。
    収入証明書の提出を求められた場合は、これらの書類のどれかを提出するようにしましょう。

    いずれの書類も年収や月収の記載がされている書類です。
    古いものではなく、一番新しい収入証明書を提出するようにしましょう。

    収入証明書が必要な会社 不要な会社

    金融機関によっては収入証明書が絶対に必要なところもあれば、提出が不要なところもあります。
    カードローンやキャッシングの申し込みでは銀行系と非銀行系の金融機関ではどうなのでしょうか?

    • ほとんどの金融機関ではカードローンやキャッシングの場合、収入証明書の提出が必要になります。

    • 同じ金融業会でも収入証明書があるとないのとではどのような違いが出てくるのでしょうか。

      収入証明書の必要性について知っておく事

      収入証明書の必要性は申し込みをした顧客の返済能力を確認するのに必要になります。
      実際にキャッシングやクレジットカードローンの申し込みを受けた場合、規則によって提出が義務付けられているのです。
      ですから、ほとんどの金融機関の申し込みで収入証明書は必要だと覚えておきましょう。

      銀行は貸金業法の対象外になるので収入証明書の提出が義務ではありません。
      しかし、顧客の返済能力を知る意味でも提出を求められる場合がほとんどです。

      • 全ての申し込みで必要というわけではなく、100万円を1つの目安に収入証明書の提出を求められる場合が多いようです。

      • これからカードローンやキャッシングの申し込みをする場合は参考にしておきましょう。

プロミス

関連記事

  1. 債権についての知っておきたい基礎知識

  2. 35日の返済日があるのは何故なのでしょうか?

  3. 派遣社員でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  4. 実質金利・上限金利とは?金利について知っておきたい

  5. フリーローンについての知っておきたい情報

  6. お金を借りるうえで知っておきたいみなし弁済・みなし利息

新着記事

PAGE TOP