集金代行について・集金代行の現状

事業主に代わって、お金の回収をしてくれる集金代行業務。
最近、ちらほらと新聞やテレビで聞く機会の多い単語ですが、どんな仕組みを持っているのでしょうか?

集金代行業務とは?

アパートの家賃やスクールの学費、新聞や牛乳代金など生活する上で様々な代金が発生します。

その代金を会社に代わって回収するのが集金代行サービスです。

集金方法はお客様である事業主から預かった預金口座からの口座振替、コンビニエンスストアでの支払いが基本になります。
回収した代金から集金代行サービスをしてくれた会社の手数料が差し引かれ、事業主にお金の支払いがされます。
代金の支払いを文字通りに代わって回収してくれるサービスが集金代行の仕事です。

集金代行サービスのメリット

自分で集金を行うのと、代行会社にサービスを依頼するのではどんなメリットがあるのでしょうか?

まず、集金コストの削減です。

手数料の支払いが集金代行では発生してしまいますが、金融機関の振り込み手数料に比べるとかなりお得に設定されています。

また、訪問集金より人件費の費用が抑えられ、人件費や交通費の削減をすることができます。

これは事業主としてはかなり嬉しい特典だと思います。

また、集金業務をほかの会社に依頼することにより事業に集中でき、時間や費用の合理化を図ることもメリットになります。

集金業務への時間や費用が削減できるので、事務費の削減が可能になります。
入金データの事務処理がなくなることで、ほかの仕事に充てることができます。
それにより売上を増やしたり、顧客を増やしたりする時間を増やせるようになりました。

また、安全で確実な資金回収が集金代行では可能です。

相手は集金のプロなので、お金の紛失や数え間違いはまず起こりません。
事業主が行ってしまうと、たまに思い違いや請求額と異なった金額を回収してしまうトラブルがあります。
集金代行はそういった事を防ぐ意味でも有効な手段です。
事業主は1度利用を考えてみても損はないと思います。

プロミス

関連記事

  1. CICとは何ですか?

  2. ヤミ金融の見分け方を教えて下さい。

  3. 複利とはどんな金利方法か?

  4. 戻し手数料・戻し利息についての知っておきたい情報

  5. 任意整理について先に知っておく内容は?

  6. お金はどこで貰えるのですか?

新着記事

PAGE TOP