複利とはどんな金利方法か?

複利は利息の種類の一つですが、同じく利息の種類の一つである単利とは利息の発生の仕方が異なります。ローン契約などを検討する際に知っておくと役に立ちますので、以下の解説を一読しておくことをおすすめします。

複利の計算方法の基本について

100万円の元金、金利の利率が5%(1年複利)とした場合を例にし、説明を行います。1年目の利息は100万円×5%×1で5万円になりますが、次の年にはこの金額が元本の中に組み込まれます。

具体的な計算ですが、105万円×5%×1で52,500円が次の年の利息になるのです。そしてさらに翌年には、最初の年と2年目の年の利息が元本に組み入れられます。計算式は1,102,500円×5%×1で55,125円となり、元金にまた組み込まれます。

  • このように、複利はどんどん利息が膨れ上がっていくのが特徴です。なお、1年刻みでの例を紹介しましたが、半年などもっと早いサイクルで元本への利息の組み込みが行われる場合も少なくありません。いずれにしても、返済金額が膨らんでいってしまうのが複利の特徴です。
  • 単利の計算方法で知っておきたい事

    単利は元本に金利の利率をかけ、借入期間をかけることで算出します。複利の計算で挙げたのと同じ条件(元本100万円、金利の利率5%)で、借入期間を2年間とします。計算は100万円×5%×2となり、2年間での利息は10万円となります。複利と比べると利息の金額が安いことがご理解いただけたのではないでしょうか。

    また、利息が元本に組み入れられるようなこともありません。借りる側として考えてみると、複利のほうが条件的には不利ということになります。

    借入期間が長期になればなるほど複利の場合は返済金額が高くなっていってしまいますので、当初より返済の負担が重くなっていってしまうことを、契約する際には注意しておかなくてはいけません。

    • しっかりと返済計画を立てなければお金を支払い続けることが困難になる可能性もありますので、金利方法を必ずチェックした上で申し込みを行うことが大切です。
プロミス

関連記事

  1. お金を借りるうえで知っておきたいみなし弁済・みなし利息

  2. 破産宣告したらその後はどうなるのか?

  3. 気を付けよう紹介屋詐欺の実態

  4. キャッシングの自動受付機での審査は、他の申し込み方法での審査と内容に違…

  5. キャッシングする際に使用するATMは手数料がかかりますか?

  6. 限度額はどのようなタイミングで上がりますか?

新着記事

PAGE TOP