知っておきたい約定金利 ・約定日についての情報

約定金利とは当事者同士の契約によって定められている利率の事ですが、実際に約定金利の契約を行う可能性があるのなら、ぜひ知っておきたい事もあるでしょう。

約定金利で知っておきたい事とは

約定金利で多くの方が気になっていらっしゃるのは、実質金利と約定金利の関係性でしょう。
融資などを受ける際、約定金利と実質金利の説明を職員から受ける事も多いですが、実質金利で言うと~などという説明を受けた所で、その違いが分かっていなければ、全く持って理解できない事になってしまいます。

やはりご自身でその違いなどを把握しておく必要があるでしょう。果たしてどの様な違いがあるのでしょうか。

約定金利に関してはお互いの定めた利率の数値であり、それは定められている数値です。そして実質金利というのは、実際にお金を借りるのには手数料や印紙の購入代金などが必要になります。

そうした、いわば必要経費を加えて、実際にどの程度の利率になるのか、というのが実質金利という形です。約定金利はパーセンテージ表示であり、そうした経費を加えていない数字となっているので、実際にどの程度かかるのかという事を具体的に数値化したものが実質金利という訳です。

約定日についての情報

約定日というのは、クレジットやローンの世界においては返済日という事です。返済日、などというのは少し印象が悪いからという事で、好んでこの言葉を使わず、約定日という言葉を使う事もありますから注意が必要です。

しかし、具体的にはどの程度、約定日を遅れても大丈夫なのかという事が気になる方も多いかもしれません。

ここで言う大丈夫、という意味はブラックリストに追加されてしまわないか、という事でしょうが、これには一つの基準が存在しています。それは、約定日から61日間以上の滞納となってしまった場合、個人信用情報に記載されてしまい、次回からのキャッシングや融資が大変不利になってしまう可能性があるので、約定日を守る様に心掛けましょう。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングをすると自宅に郵送物は届きますか?

  2. 複数社でキャッシングを同時に申し込むことは可能ですか?

  3. 出資法についてお金を借りる人が知っておきたい事

  4. キャッシングや契約の本人確認法について

  5. 実質年率とは何ですか?

  6. 借金・過払いに関する引き直しとは?

新着記事

PAGE TOP