クレジットカードのコーポレートカードって何?

クレジットカードの一種であるコーポレートカードとは、いったいどのようなものなのでしょうか。
ここでは、コーポレートカードの特徴を分かりやすく説明しますので、疑問に思っている人はぜひ以下の内容をチェックしてみてください。

クレジットカードのコーポレートカードとは?

コーポレートカードのコーポレートという言葉には会社の意味があります。

  • これだけでピンときた人もいるでしょうが、コーポレートカードは個人向けのクレジットカードではなく、法人向けに発行されるクレジットカードなのです。

  • 何のために利用することが可能なクレジットカードなのかについてですが、経費の決済を主目的に使われるのが一般的です。

    経費の決済をコーポレートカードにまとめることにより、計算の手間を省くことができたり、計算ミスを防ぐことができたりします。

    また、コーポレートカードの種類によりますが、キャッシング機能やETC機能、保険機能などが付帯しているものもあります。

    • なお、個人向けのクレジットカードと同様に、法人向けのクレジットカードも審査に通らなければ利用を開始することができません。

    • 利用枠や決済方法

      コーポレートカードのメリットは、経費管理が容易になったり、付帯サービスを利用できたりすることだけではありません。

      たとえば利用枠一つとってみても、会社全体の利用枠に設定したり、部門ごと、カードの使用者ごとに決めたりすることも可能です。
      また、コーポレートカードは法人に対し1枚のみ発行されるわけではなく、枚数を決められる仕組みになっています。
      使用する際には個人向けのクレジットカードと同じく、商品の購入やサービスの利用時にカードを提出したり、番号などの情報を入力したりするだけです。

      そのほか、決済方法も柔軟性に富んでいます。
      会社一括決済方式といって法人の口座から返済が行われる決済方法や、個別決済方式といってカードを使った人の名義の個人口座から返済が行われる決済方法があります。

プロミス

関連記事

  1. 約定金利(約定利率)って一体何?

  2. 検索の抗弁権って何?どういう時に使える?

  3. 民事再生っていったい何?民事再生の基本的な知識

  4. 復権(破産法の復権)っていったい何?

  5. ブラックリスト一旦載ってしまうと、その後は一切お金は借りられませんか?…

  6. 気を付けよう紹介屋詐欺の実態

新着記事

PAGE TOP