カードローンの借入限度額が決まる基準は?

カードローンを利用するときに気になることといえば、借入限度額です。
自分の場合は一体いくらまで借りることができるのか、それを決めるのはカード会社ですが、今回はその借入限度額が決まる基準について考えてみましょう。

法律と審査が基準になる

カードローンの借入限度額が決まる基準は、大きく分けて2つがあります。
一つ目は、貸金業法という法律ですが、この法律の中の総量規制は限度額を決定する基準になります。
総量規制とは、貸金業者に対して融資金額の上限を定めた法律規制のことです。

現在の総量規制では、その対象となる業者に対して、申込者の年収の3分の1までしか融資してはならないと定めています。

例えば300万円の年収がある人なら、一度に借りられるお金は100万までとなります。
この総量規制があるので、300万円以下の年収しかない人は、どんなに熱烈に希望しても100万円以上のお金を借りることはできません。
ただし、総量規制は消費者金融など金融業者に適用されているものであり、銀行は総量規制の対象にはなりません。

したがって銀行では借入制限の法律的な縛りを受けることはありませんが、ただし銀行独自の審査基準があるので、その審査次第で借りられるお金が決定されます。

審査項目となるのは、本人の年齢、年収、職業、勤務先の規模、居住形態、過去の返済履歴、金融事故情報などです。

利用限度額を上げる方法

さて、借入限度額が決まる基準が分かったら、今度は利用限度額を実際に上げる方法を考えておかなければなりません。
その方法は、自然に行われる場合もあれば、自ら申請して行わなければならないときもあります。
自然な方法では、金融機関のほうから増額の提案がなされ、それに応じる形で増額ができることもあります。
あるいは、一方的に通知があって「借入限度額を増額しました」と連絡されることもあります。

その場合は、すでにこちらの属性が評価されている証拠であり、審査不要、申請することもなく増額ができます。
一方、会社から通知も何もないときは、自ら申請して増額してもらう必要があります。
こちらは公式サイトの申請フォームを使って依頼ができますが、これまでの返済状況がよくなかったり属性が下がっていたりすると、増額審査に通ることはできません。
それどころか、あまりに属性が悪すぎると、逆に減額されてしまうこともあるので注意が必要です。

法律を抜きにすれば借入限度額はいつでも、本人の属性や信用情報を基準に決定されています。

プロミス

関連記事

  1. 無利息のキャッシングがあると聞きますが、本当ですか?

  2. 同時履行の抗弁権 っていったい何?

  3. 総量規制とは何ですか?

  4. つなぎ融資って一体どんな融資なのか?

  5. 破産管財人とは?破産管財人について知っておきたい事

  6. 破産宣告したらその後はどうなるのか?

新着記事

PAGE TOP