トイチっていったい何?よく聞くトイチの仕組みと被害について

金融会社を扱っている漫画やドラマでたまに出てくるトイチという言葉。
これはフィクションの世界だけではなく、現実の金融業界でも使われる言葉です。
いったいトイチとはどういう意味があるのでしょうか?今回はそんなトイチの仕組みを見ていきましょう。

トイチとは?

トイチは闇金融の世界で使われる単語です。
健全な金融会社でトイチが使われることはありませんが、法律違反やスレスレの行為を行っている闇金融では当たり前の金利になっています。
それがトイチの持っている性質です。

  • トイチとは10日で1割の利息が発生する複利のことを指します。

  • 例えば、100万円をトイチで借りた場合を見ていきましょう。
    借りてから10日すると100万円の1割である10万円の利息が発生します。このときの返済金額は110万円必要になります。

    この次の10日、つまり20日になると110万円にプラスして120万円必要になる……これは間違っています。
    複利の場合は110万円を対象にして1割の利子が必要になります。
    つまり121万円の返済金額が必要になる。
    これがトイチという複利の恐ろしい部分です。

    トイチの恐ろしさ

    トイチは単利の利息のように一定に返済金額が増えるのではありません。
    最初はあまり単利と複利で差はありませんが、100日を過ぎると50万円以上の返済金額の差が生まれてしまいます。

    • 利息が雪だるま式にどんどん大きくなってしまう。それがトイチの持っている恐ろしさなのです。

    トイチは闇金融では当たり前のように使われている利子の方法です。
    上記で挙げた例で分かるように、トイチの複利方式でお金を借りると返済は非常に困難になります。

    • 利息制限法や出資法などの法律を守っている健全な金融会社でお金を借りるのが一番の解決になります。

    • トイチはそれくらい返済が難しいのです。

      貸してくれるところがなく切羽つまっていたとしてもトイチでお金を借りるのはあまり進められた方法ではないのです。
      お金を借りるとはそれをきちんと覚えておきましょう。

プロミス

関連記事

  1. 勤め先での勤続年数は、申し込み時の審査に影響しますか?

  2. お金を借りるなら実質年率を知っておこう

  3. 初めての場合はいくらまで借り入れすることが出来ますか?

  4. ローン手数料についてカードローンの手数料について

  5. 自由返済はどのような返済なのか?

  6. 返済方式とは何ですか?

新着記事

PAGE TOP