破産宣告したらその後はどうなるのか?


キャッシングやカードローンの借金で困っている人は破産の視野に入れる必要があります。
しかし、破産後の生活を気になって実行に移せない人も多いでしょう。
今回は自己破産した人がその後どういう事になってしまうのか。
紹介していこうと思います。

自己破産とは?

自己破産とは債務整理の最終手段です。
借金を抱えている人の住所を管轄する地方裁判所に申し立てをし、裁判所が支払い能力がないと認められると借金の支払いが免除されます。
これが自己破産です。

自己破産は借金がなくなる便利な存在ですが、デメリットも存在します。
まず、当面の生活費以外は全て没収されてしまいます。
もし、家や車がある場合は、自己破産せずコツコツと借金の返済をするのも方法の1つです。

自己破産をしてしまうと、家や車などお金になりそうな物は全て没収されてしまうからです。

自己破産後の生活

自己破産した後は、どんな生活が待っているのでしょうか?
よく言われることですが、会社を辞めたり、賃貸住宅の明け渡しが求められることはありません。
基本的には今までどおりの生活をすることができます。

しかし、自己破産した人は信用情報機関にブラックリストとして名前が載ります。

自己破産後の7年間は借金やクレジットカードを作ることができなくなります。

車のような大きな買い物が必要な場合はお金を貯めてから利用することになるでしょう。

自己破産後は警備員や法曹関係など一部の仕事に就けなかったり、役職に影響が出る場合もあります。
もしかしたら、あなたの生活に影響を与える可能性も出てきます。
そうした時は勝手に自己破産をするのではなく、事前にどういう影響がでるのか専門の弁護士に相談してみましょう。

人によっては自己破産してもあまり生活に影響がない人も出てきます。

借金に悩んで人生を棒に振ってしまう前に、弁護士などに相談してみるのも方法の1つです。

あなたが自己破産した後に、なにが影響を受けるのかも教えてくれるはずです。



関連記事