消滅時効とは?気になる消滅時効について

あなたがキャッシングやカードローンを利用する機会が多い方ならば、恐らく消滅時効という言葉を聞いた事があるのではないでしょうか。
この消滅時効、どの様なものなのか、何となくは分かっていても、実際にご自身が消滅時効が適用されるかされないかという状況になれば、もっと深く知っておきたいと考えるのも当然の事でしょう。

消滅時効っていったい何?

消滅時効とは、その名の通り、債権の時効を消滅させるという行為です。
この事からも分かる様に、そもそも債権には、基本的に時効というものが存在します。
あなたはこれまで、しっかりと債権の返済を行っていたのならご存知無かったかもしれませんが、例えば小切手の債権なら六ヶ月、定期給付債権なら5年、そして民事債権なら10年といったように、それぞれどういった債権なのかによっても異なりますが、時効が存在しています。

消滅時効のよくあるトラブル

しかし、あくまでこの時効というのは時効である事を主張しなければ成立しないという仕組みとなっているので注意が必要です。

つまり、ご自身が時効になっている事に気付いていなければ、債権者は請求する権利もありますし、合わせて支払いの督促や裁判を行うという事も可能なのです。

時効だという事も援用、つまり主張する事で初めて債権は消滅するという事を知っておく必要があるでしょう。

逆に債務者が時効の援用を行わずに、自分の意志で債権を支払う事も何の問題もありません。

また、そもそもこの消滅時効という制度が生まれた背景として、請求が出来る状況にも関わらず何も行わずに放っておく様な人は保護するに当たらない、といった法律の制度となっています。
権利を行使する事によって、時効の進行をそこで止めるという事が可能です。
ですから逆にあなたがお金を貸している側だとすれば、事前に消滅時効が成立しない様に時効の中断をして債権の消滅を止めなければいけません。
もし債権に関する取扱い・関係があるのでしたら消滅時効について詳しく知っておきましょう。

プロミス

関連記事

  1. 弁済とは?気になる弁済について

  2. 自由返済はどのような返済なのか?

  3. キャッシングの審査時間はどの位かかりますか?

  4. 消費者金融の上限金利を教えて下さい。

  5. キャッシングやローンなどの延滞利息に関して知っておくべきこと

  6. 気を付けよう紹介屋詐欺の実態

新着記事

PAGE TOP