初めての場合はいくらまで借り入れすることが出来ますか?

初めてキャッシングやカードローンを利用する人は、借入限度額のことを頭に入れておかなければなりません。
借入限度額とは、借入額の上限のことで、これが定められている以上は無制限に借りることはできません。

ただし借入限度額は利用する会社によって違うので、その違いについて、またどんな基準で限度額が決まるのかについても調べておきましょう。

会社によって限度額が違う

キャッシングでもカードローンでも、借入限度額は会社によって設定基準が異なります。
ある会社では300万円を上限にしているところもあれば、別の会社では500万円を上限にしているところもあります。

以上は消費者金融の事例ですが、銀行カードローンになると、ほとんどのところで800万円~1000万円を上限としています。
なぜ会社によって限度額が違うかといえば、審査基準がそれぞれに異なるからです。
審査は申込者の属性をチェックしますが、そのチェックの仕方や基準が異なることによって、限度額にも微妙な変化が出てきます。

ただし、実際にはおおむねどこも似たような審査基準を設けており、年収、勤務先の規模、雇用形態、勤務年数、居住形態、信用情報といった属性をチェックすることで審査を行っています。

よって、初めてでいくらまで借りられるかは、会社次第、またその会社の審査基準次第ということになります。

銀行か消費者金融か?

借入限度額がいくらになるかは、銀行に申し込むか、それとも消費者金融に申し込むかによっても変わります。
これは会社ごとの審査基準の違いだけではなく、総量規制の問題が絡んでいるからです。

総量規制とは、金融業者に対して申込者の年収の3分の1までしか貸し出してはならないと定めた法律のことですが、消費者金融はこの規制の対象になっています。
したがって消費者金融では、初めてであろうと二回目であろうと、自分の年収の3分の1までしか借りることができません。

一方、銀行は総量規制の対象から外れていますので、年収の3分の1の制限はなく、それ以上の金額を融資してもらうこともできます。

このようなわけで、総量規制のある消費者金融は高額融資に向いておらず、銀行は高額融資に向いてるといえます。

ただし消費者金融の場合でも、自らの年収をアップさせていけば、それに伴って借入金額の幅を広げていくことができます。
また、銀行には総量規制がないといっても、審査に通らなければ借入そのものができませんし、収入がそれほど多くなければ、実際の借入金額もそれほど多くはなりません。

プロミス

関連記事

  1. 自分の信用情報を見れると聞きましたが、どうすれば見れますか?

  2. 被害が続出?スキミングっていったい何?

  3. グレーゾーンとは?キャッシングで知っておきたいグレーゾーンについて

  4. 目的別ローンってどういうローン?

  5. 未成年でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  6. クレジットカードのコーポレートカードって何?

新着記事

PAGE TOP