外国人(外国籍)でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

外国人は日本のキャッシングを利用できないと思ってる人がいるかもしれません。
確かに、外国人だと審査が厳しくなるのは間違いありませんが、それでも利用することは可能です。
なぜなら、はっきりと外国人を拒否している銀行も消費者金融もないからです。
ただし、審査に通過するための条件があるので、その条件を備える必要があります。

必要書類を用意する

これは日本人でも同じですが、キャッシングの審査を受けるための書類を用意しなければなりません。
この必要書類は金融業者によって異なりますので、申込前に何が必要であるかを確認しておいてください。
おおむねどこにおいても、身分証明書、パスポート、外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書が必要になります。

この全部が必要になるとは限りませんし、申し込む会社によっては別の書類が必要になることもあるかもしれません。
書類内容については、各社のホームページを見るか、直接問い合わせて確認しておいてください。
ちなみに、借入額が50万円を超える場合は収入証明書類が必要ですが、これは日本人も外国人も関係なく求められています。

以上のように、書類については外国人だけの書類がありますが、申し込みの手順は日本人とまったく同じです。
ともかく審査に通ることができれば借入を行うことができますし、その日に借りることもできます。

外国人でも審査に通りやすくする方法

基本的には日本人に比べてキャッシングの審査が通りづらい外国人ですが、審査に通りやすくする方法もあります。

一つは、借りるときに、外国人向けの融資実績が多いところに申し込みを行うことです。

金融業者にもいろいろなところがありますが、外国人にお金を貸すことに慣れているところもあれば、そうした実績がほとんどないところもあります。
このうちどちらが外国人にとって申し込みしやすいかは明白でしょう。
以前から何度も外国人向けに融資したことがある会社のほうが、柔軟にまた臨機応変に対応してくれるはずです。

また、日本に親戚や知り合いが一人もいない外国人より、たくさんの親戚や知り合いがいるほうが審査に通りやすいということも覚えておきましょう。

したがって、審査のために本国から親戚をたくさん移住させることはできなくても、国内でできるだけたくさんの知人を作っておくのです。
そうすれば、まったく知り合いのいない外国人よりは、キャッシング審査が有利に働く可能性があります。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングを利用すると、何か不利になることはありますか?

  2. キャッシングにおける質権とは?

  3. クレジットカードについて知っておきたい基礎知識

  4. 消費者金融での仮審査と本審査とはどう違うのですか?

  5. キャッシングの申込みの際に必要な書類などは?

  6. 自動車ローンや住宅ローンを抱えていると、キャッシングの審査は通りません…

新着記事

PAGE TOP