キャッシングの審査時間はどの位かかりますか?

キャッシングの審査時間はどこを利用する場合でも同じだと思ってるかもしれません。
実はこれが大きな誤りで、キャッシングの審査時間は借りるところによって異なります。
どこで借りれば審査時間が長くなるのか、またどこで借りれば短くなるのか、利用する前に調べておくといいでしょう。

銀行か消費者金融かで異なる

審査時間の速さを分ける一つの大きな要素は、銀行で借りるか消費者金融で借りるかという点です。
この二つはどちらもキャッシングサービスを提供している点では同じですが、審査基準の厳しさという点では異なっています。

まず、審査基準が比較的厳しいのは銀行ですが、審査が厳しいということはそれだけ慎重に利用者を選ぶことになるので、結果として、銀行キャッシングの審査時間は長くなります。
申込みをしてから長ければ1週間かかる場合もありますし、条件がよければその日のうちにというケースもありますが、いずれにしても1日~1週間の幅があります。
さて、審査基準が比較的緩めなのは消費者金融のほうですが、こちらは審査基準が緩めということは、それほど厳しいふるい分けは行われないので、その結果、審査時間は銀行より短くなります。

特に最近はインターネット契約が主流になりつつありますが、このネット契約を利用することでさらに早くなり、申し込んだその日のうちに契約できることは日常茶飯事、もっと早いと30分以内ということもあります。

審査が緩くてネット契約にも柔軟に対応している消費者金融は、銀行よりも早く借入がしやすいといえるでしょう。

審査を早くする方法はある?

さて、以上のような点を踏まえて、キャッシングの審査を早くする方法について考えてみましょう。
一つは、それほど高額融資でなければ、消費者金融を利用することです。
すでに見たように、消費者金融は審査基準が優し目なので、安定収入があることさえ証明できれば審査はスピーディーになります。

一方、銀行は審査が厳しくてさまざまな属性がチェックされるので、審査時間は長くかかります。
また加えて、インターネットを活用することで審査時間を早めることができます。

ネット契約なら、わざわざ店舗に出向く必要がなく、書類送付を省略できる場合もあるので、その分、手続きのスピードを速めることができます。

今ならあらゆるメディアに対応できるようになっており、パソコンはもちろん、携帯電話、スマートフォンなどからも契約手続きを行うことができます。
もちろん、店舗や自動契約機も健在であり、ネットで手続きしてから契約機で借りるという方法もあります。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングをすると自宅に郵送物は届きますか?

  2. 自由返済はどのような返済なのか?

  3. 回収規制によるこれからの業界・回収規制の基本的な情報

  4. 約定金利(約定利率)って一体何?

  5. 知っておきたい優遇金利の活用場所と方法について

  6. 複利とはどんな金利方法か?

新着記事

PAGE TOP