個人信用情報とは何ですか?

キャッシングやカードローン、クレジットカードの申込をする時に、必ず行われることになるのが、各キャッシング会社での審査です。
この審査では様々なことが審査されるのですが、中でも代表的なものが個人信用情報になります。
個人信用情報いかんではそれまでは合格基準にあっても、いきなり落ちるということにもなりかねないくらい重要なものです。
ここではこの個人信用情報について考えてみましょう。

個人信用情報ってなに?

個人信用情報というのは端的に書いてしまうと、職業や住所、年収などといった個人情報の他に、現在どこかの金融機関から融資を受けているかどうか、融資を受けているのならその返済状況はどうかといったことをまとめた情報です。
基本的にローンを利用して支払いをしたり、キャッシングの申込をするなどで得た情報がまとめられているものだと考えてください。
この情報というのは無断で収集しているのではなく、きちんと申込書などにも記載されているものです。

  • この個人信用情報を収集し、管理しているのが個人信用情報機関と呼ばれる組織です。各キャッシング会社や銀行、信販会社などが共同で出資して設立した会社であり、加盟している企業が情報の照会をした場合は閲覧できるようにと管理しています。

この個人信用情報はお金の貸し借りについて、どういう人なのかという判断をする一助ともなりますし、現在いくら借入をしているのか、返済はしっかり行っているのか、などのこともわかるのです。
キャッシングやカードローンというのは、保証人も担保も必要ありませんので、金融機関としては申込者に対して、この人はお金を貸しても大丈夫かなという意味で個人信用情報を照会します。
当然ですが、そこに返済が遅れているなどの情報が記載されていると、融資をするのには不適切だと判断してしまうのです。

個人信用情報にキズがあっても借りられる?

上でも触れたように、個人信用情報にキズがある状態では申込をしても、ほとんどのケースで審査に落ちてしまうと考えてください。
キャッシングには関係なさそうに見えるかもしれませんが、クレジットカードの返済が滞っていた、携帯電話の代金を延滞していたなどでもキズがついてしまうので、返済は確実に行うようにしてください。

ただ個人信用情報としても永久にその記録が残るのではなく、一定の期日が経過すれば情報は削除されるようになっています。

  • 信用情報機関によって扱いは異なりますが、一般的には5年から10年でキズになる情報が削除されるのです。

  • その場合、新規で申込をしても条件次第では審査に通ることができるでしょう。
    ただし、キズがつくことになった原因の会社に関しては難しいと考えてください。

プロミス

関連記事

  1. 銀行やコンビニのATMでキャッシングの申し込みはできますか?

  2. カードローンという基本的な仕組みについて

  3. 任意整理中でも借り入れをすることは可能ですか?

  4. 自己破産をしたことのある人でもキャッシングは出来ますか?

  5. 金利優遇幅について知っておきたい事

  6. キャッシングにおける質権とは?

新着記事

PAGE TOP