返済の引き落とし口座が残高不足だったらどうなるの?

キャッシングの返済方法としては、銀行口座から引き落としをするというものもあります。
わざわざ指定期日までに振込をしなくても良いことから、引き落としを利用している人も少なくありません。
しかし、便利に利用できる反面で注意しておきたいこともあります。
それはうっかりと入金するのを忘れていて、残高不足になるというケースです。
この場合、キャッシング会社はどのような対応をとるのかを考えておきます。

引き落としで残高不足だった場合は?

引き落としで残高不足になっていた場合、当然ながら返済額の引き落としが行われることはありませんので、返済遅延となります。

この場合、利用しているキャッシング会社によっても対応が異なってくるのですが、一般的には引き落としができなかった翌日には連絡がくるでしょう。

電話にて連絡がくるようになっており、いついつまでに支払いをしてくださいという形が一般的です。
もう一度何日に引き落としをするので、それまでに入金をしておいてくださいという形になるか、何日までに振込をしてくださいとなるかは会社によって違うでしょう。

ここで支払いができれば良いのですが、指定された期日までに支払いができなかった場合は、督促状や請求書などが郵送されてきます。

この督促状や請求書などがくると延滞損害金が発生するということも多く、ほとんどのキャッシング会社では年利20%がつくという形です。

これは返済期日から遅れた日数分に年利分の延滞損害金をかけた分を支払うという意味であり、返済額とは別に請求がなされます。
支払額が大きくなってしまうのもそうですが、個人信用情報にも事故情報が記載されてしまうこともあり、その場合はかなり大きなリスクを背負うことになるのです。
事故情報が記載されてしまうと、ローンを組みにくくなったり、クレジットカードの新規申し込みに影響が出る可能性も少なくありません。

それでも支払いができなったら?

基本的に返済が遅れれば取立てが始まります。
登録された電話番号に連絡がきたり、勤務先に電話が入ったりとなりますし、自宅や勤務先にキャッシング会社の人が訪問することもあるようです。
ですので、できるだけ返済に関しては遅れないようにしっかりと管理することが大切だと言えます。
銀行口座からの引き落としは便利なものですが、どうしてもうっかりミスをしてしまうこともあるでしょう。

そうした場合は、すぐにでも振込をしたりして支払うようにしてください。

これが何ヶ月も続くようですと、初期段階で支払いをしていても事故情報に記載されてしまいますので、ミスをするのなら別の返済方法も視野に入れておきましょう。

プロミス

関連記事

  1. お金を借りるときに知っておきたい法定利率法定利息

  2. 任意整理中でも借り入れをすることは可能ですか?

  3. 本当に怖い?ヤミ金について

  4. 良く聞くオートローンってどんなローンなのか?

  5. グレーゾーン金利とは何ですか?

  6. お金を借りられない?ブラックリストって一体何?

新着記事

PAGE TOP