出資法についてお金を借りる人が知っておきたい事

出資法という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。
しかし、意味をきちんと理解している人はまだ少ないようです。
一体出資法とはどんなものなのでしょうか?

出資法とは?

出資法は正式には『出資の受け入れ 預かり金及び金利等の取締りに関する法律』をいいます。
あくまで出資法とは略称であり、正式名称があることは覚えておきましょう。

1954年に制定された出資法は、当事一般の人に馴染みが薄い法律でした。
しかし、サラ金などの貸金業者の高金利貸付に一定の歯止めやブレーキをかける意味では重要な法律だったのです。

貸金業者を縛る法律として、出資法のほかに利息制限法という法律も存在します。
この2つの法律を理解することが、多重債務者の債務整理では必要になってきました。
それくらい基本的なものですが、重要な法律だったのです。

出資法の意味について

本来、貸金業者は自由に金利や利率を定めることができました。
しかし、金利や利率の上限を設けていなかったころは、立場の弱り借主に対して法外な高金利を作る悪徳業者が増えて、社会問題になりました。
それにより借金に苦しむ人が増える危険性は十分にあったのです。

出資法はそれを防ぐために生まれた法律です。

登場した出資法により、サラ金業者をはじめとする貸金業を規制し、法外な高金利や利息を作らせないようにできました。

出資法の罰則で注目する点

出資法が制定されたのは1954年ですが、過酷な取立てにより債務者を苦しめる金融業者が出てくるたびに、何度も金利や利息の条件は見直され、制限を引き下げられるようになりました。
それに伴い出資法に罰則を設けるようになり、悪徳業者に制限をかけようとする動きも強くなっています。

罰則内容はかなり重い内容で、簡単に法律を破って、高金利や高利息な条件を作らせないようになっています。

出資法が制定され、強化されることで私たちは安心して、金融業者からお金をキャッシングしたり、ローンを組み、お金の問題を解決できるようになったのです。

プロミス

関連記事

  1. 無人契約機で契約する流れを教えて下さい。

  2. メールローンって?よく聞くメールローンについて

  3. カードローンを利用すると、いくらまでお金を借りられますか?

  4. 土日・祝日でも借りることは出来ますか?

  5. 連帯保証人の仕組みと注意点

  6. 未成年でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

新着記事

PAGE TOP