連帯保証人の仕組みと注意点

お金に関するトラブルで多いのが知人の連帯保証人になってしまう事です。情を感じてムゲにできずに連帯保証人の契約を結んでしまう人も多いですが、どんなリスクが待っているのでしょうか?

催告の抗弁権がありません

連帯保証人には『催告の抗弁権』がありません。催告の抗弁権とは、主たる債務者に取りたてを債権者に指示する権利です。

一般的には、連帯保証人は主たる債権者が借金などを返済できない場合に、保証として請求されるケースが多いと思います。しかし、お金を貸している債権者は主たる債権者でも連帯保証人でも好きなほうに請求できるのです。もし、契約で催告の抗弁権がない場合、連帯保証人は主な主権者に代わってお金を支払う義務があります。

検索の抗弁権がない

連帯保証人には『検索の抗弁権』がありません。主となっている債務者に十分なお金や住宅があっても、連帯保証人に請求がいく場合があります。

連帯保証人にしてみれば、主たる債務者のほうが支払い能力があるから……と言いたいですが、それを言う権利がありません。債権者の要求に反論することが許されず、検索方法を知ることができないのです。債権者の検索方法によって、連帯保証人からのほうがお金を取れると思われ、請求されたら素直に支払うしかないのです。

・連帯保証にの責任
連帯保証人は主たる債務者と同じようにお金を貸した債権者から見られ、請求をされる可能性があります。債権者はお金を持っている人なら、主たる債務者でも連帯保証人でも好きなほうから請求する権利を持ちます。

たとえ、主たる債務者が十分な資産を持っていたしても、連帯保証人に社会的地位などで取り立てを強められる条件があれば、相手も強気に出てきます。気軽に連帯保証人を引き受けると、このようなリスクを同時に負うことになってしまうのです。そのリスクや責任に関して、文句を言えないのが連帯保証人にとって一番のデメリットになります。それを考えて、連帯保証人になるか決めるようにしましょう。

プロミス

関連記事

  1. 知っておきたい優遇金利の活用場所と方法について

  2. お金を借りるときに知っておきたい法定利率法定利息

  3. 店舗まで行かないと借りられませんか?

  4. お金を借りる時に知っておきたい定率リボルビング

  5. お金を借りるうえで知っておきたいみなし弁済・みなし利息

  6. プロパーローンとはどんなローンなのか?

新着記事

PAGE TOP