現在のキャッシング・カードローンの融資限度額事情

キャッシングやカードローンで融資を受けたいという場合、その限度額事情というのは今どうなっているのでしょうか。

キャッシング・カードローンの限度額とは

単に限度額という意味で言うのでしたら、多くのキャッシング会社の数値上の融資限度額に関しては、最大500万円というケースが多くなっています。

しかし、これについては結論から申しますと、実際に融資を受けられる限度額としては、人それぞれ大きく異なる、という事になるでしょう。

何故この様な曖昧な表現しか出来ないのかと申しますと、そもそもキャッシングやカードローンには、必ず審査が存在します。誰でも関係なく、限度額までの融資を行えば、どうなってしまうでしょうか。

返済能力を考えずに融資を誰にでも行えば、それを回収できる可能性は非常に低くなり、その結果ビジネスとしてキャッシングやカードローンというものは成り立たなくなってしまうのは明白な事実です。

ですから、例えばある消費者金融において、最大500万円融資可能などと書いてあったとしましょう。その場合、出来たら限度額の500万円を融資してもらいたいと考えるかもしれません。しかしながら、その為には過去の借入状況などは健全な状態で無くてはいけませんし、その方の年収などがある程度無ければ難しいでしょう。

総量規制とは

消費者金融においては、融資を行う際に総量規制というルールが存在します。この総量規制というのは、年収の三分の一以上のお金を貸してはいけない、という決まりです。この決まりは当然の事ながら、年収を超える様な金額は返済を行うのが物理的に難しいという理由からです。

これは一社からの借入限度額では無く、消費者金融や信販会社で借りられる合計の金額となっています。つまり年収が仮に600万円だとしたら、一社から既に100万円の融資を受けているとすれば、あと100万円までしか借りられないという事になります。

しかし銀行のカードローンには総量規制がありませんから、こちらでは限度額も大きくなる可能性もあるでしょう。

プロミス

関連記事

  1. 中小キャッシングとは何ですか?

  2. 高齢者でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  3. キャッシングで知っておきたい残高スライド方式

  4. 借入時残高スライドリボルビング方式とは何ですか?

  5. 約定返済ってどんな返済方法か?

  6. 夜逃げって現在もあるのか?お金を借りる事と夜逃げについて

新着記事

PAGE TOP