クレジットカードの割賦購入あっせんについて

割賦購入あっせんというのは、クレジットカード業界の専門用語の一つです。
なんだか難しい言葉で、どういう意味があるのかよく分からないという人もいるでしょう。
ここではこの用語が何を意味するのか説明しますので、知識として身に付けたい人はぜひチェックしてください。

クレジットカードの割賦購入あっせんとは?

シンプルにいいますと、立替払いのことをクレジットカードの割賦購入あっせんといいます。

なお、これはクレジットカードを取り扱っている信販会社が行っているメインの事業です。

私たちが何か商品を購入したり、サービスを利用したりする際にカードを利用した場合には、信販会社が費用を一括で立て替えてくれます。カードの利用者は、そのあとに立替払いをしてもらったお金を返す形になるわけです。

クレジットカードの割賦購入あっせんには種類がある

一口にクレジットカードの割賦購入あっせんといっても、複数の種類があることを知っておいて損はありません。

まず名称ですが、個品割賦購入あっせん、総合個品割賦購入あっせん、リボルビング払いがあります。

個品割賦購入あっせんはクレジットカードを使わないクレジット販売のことをいい、総合個品割賦購入あっせんはクレジットカードを利用するクレジット契約です。

また、リボルビング払いは返済の回数を決めず、さらに利用した件数や金額に関係なく、毎月一定額の返済を行っていく契約です。

なおリボルビング払いに関しては複数の種類があり、元利定額、元金定額、元金定率、残高スライドが挙げられます。
簡単に特徴を解説しますが、元利定額は利息込みの一定額を毎月支払う契約、元金定額は一定額の元金に一ヶ月分の利息をプラスした金額を毎月支払う契約です。

そして元金定率は少し分かりにくいかもしれませんが、借入残高に対し一定の割合で算出された返済額と一ヶ月の利息をトータルした金額を支払う契約となっています。
最後に残高スライドは借入残高によって返済額が変わっていくクレジット契約のことをいいます。

プロミス

関連記事

  1. 貸し倒れってよく聞くけどどういう事?

  2. キャッシングで1日だけ借りて、翌日返済することは可能ですか?

  3. 被害が続出?スキミングっていったい何?

  4. ローンカードの大まかな種類・知っておきたい基礎情報

  5. 主婦でもキャッシングで借り入れは可能ですか?

  6. 複数社からの借り入れを「おまとめローン」にすると、金利は下がりますか?…

新着記事

PAGE TOP