貸金業規制法って昔と今はどう変わっている?

貸金業規制法で昔と今で変わった点は、目立つものを挙げるのならばグレーゾーン金利の撤廃、総量規制の導入、取り立て規制でしょう。

借りすぎで借金が返せずどんどん膨らみ多重債務化しやすい状況の改善、それが行われるのと同時に、度が過ぎた取り立て行為も制限されたのです。

度が過ぎた取り立てに関しては、貸金業法改正前に社会問題化していたため具体的に禁止事項が定められるまでに至りました。

新貸金業規制法による2つの上限金利のすり合わせ

過剰な金利の適用を制限するグレーゾーン金利の廃止は借金が膨らみやすい状況の改善のために行われました。
以前は出資法による金利の上限、それから利息制限法による金利の上限と、貸金業者に対しては2つの上限金利が存在している曖昧なものでした。

出資法上限が年29.2%で利息制限法上限が最高で年20%ですからかなりの差があったわけです。
貸金業者は大抵の場合、2つの上限金利の間に適用金利を設定しいわゆるグレーゾーン金利で貸付を行っていました。

本来ならば利息制限法の上限で貸付するべきで、かなり以前からグレーゾーン金利での貸付はおかしいとの声が挙がっていたのです。
2006年には最高裁判決でグレーゾーン金利が無効になりましたから、

それに合わせ貸金業規制法の改正で、出資法上限が年20%に下がりました。

金利分の支払いが膨らみ借金返済が困難になることを避ける助けとなるよう変わっているのです。

貸金業規制法改正で借金総額も制限されることに

今の貸金業規制法で昔とは大きく変わっている点は総量規制でしょうそれぞれの収入に合わせて、お金を借りられる総額が制限されますから、昔にはなかったことです。

これはもちろん借りすぎで返済が困難になるとか、借金を返すために借金を重ねるといったことを抑えるための措置です。

具体的には貸金業者からお金を借りる場合、総額で年収の3分の1までとされますから、既に大金を借りている場合にはそれ以上借金できません。
なぜ借入金の総額は年収の3分の1までとされているのかその理由は年収の3分の1を超えた借金を抱えている場合、破綻しやすい傾向があるといったこれまでの実際があるからです。

つまりは借金返済が難しくなる借入額のボーダーラインは年収の3分の1という実情があるわけでそれに合わせて制限を設けているわけです。

プロミス

関連記事

  1. 出資法についてお金を借りる人が知っておきたい事

  2. 本人属性とは何ですか?

  3. ミニマムペイメントってどういう仕組み?

  4. キャッシング・借金の一本化って何?

  5. 収入証明書とは何ですか?

  6. グレーゾーンとは?キャッシングで知っておきたいグレーゾーンについて

新着記事

PAGE TOP