キャッシングで1日だけ借りて、翌日返済することは可能ですか?

明日はお給料日だけど、どうしても今日お金が必要になったというケースもあります。
そうした時、キャッシングでお金を借りて、翌日に返済するということはできるのか疑問に思う人もいるかもしれません。
キャッシングと言うと、決まった日に返済するのではというイメージを持つ人も多いのですが、実際にはどうなのか考えてみましょう。

1日だけお金を借りて翌日返済は可能なの?

キャッシングでお金を借りた時、返済というのは自由に行えます。
従って、1日だけお金を借りて翌日には返済するというのも可能です。
基本的にはキャッシングの返済は、上でも書いたように月に1度、決まった日に決められた額を返済するという形になります。
しかし、返済そのものはいつでもできますので、利息分などを考えると早めに返してしまった方が少なくてすむのです。

  • ですので、翌日にお給料日があるというケースですと、1日だけお金を借りておいて翌日には完済してしまうという返済をしても問題ありません。

  • 短期間返済なら無利息というケースもある?

    最近、キャッシングで増えているのは無利息期間を設定しているタイプのものです。
    無利息期間とはその名のとおりに、利息が発生しない期間が設けられており、期間中に完済したのであれば、金利を支払わなくても良いのです。

    • とてもお得に利用できますので、上であげたように1日だけお金を借りたいというのなら、こうした無利息期間が設定されているキャッシング会社を選ぶべきでしょう。

    • 細かい話になりますが、利用者の観点からすれば利息を支払わなくて済むのなら、それだけお得になりますので、自分にあったキャッシング会社を選ぶというのが重要なポイントになってきます。

      この無利息期間ですが、大まかには2つに分類できます。1つは長期間の無利息期間が設定されていますが、1度しか利用できないというケースです。
      もう1つは、期間としては短いけれど、完済さえすれば何度でも利用できるというケースになります。

      どちらがお得なのかというのは、利用者の借り方次第という話になってくるのですが、今回の例で考えるのなら後者のような無利息期間を設定しているキャッシング会社の方がお勧めかもしれません。
      無利息期間と言っても、提供しているキャッシング会社で違いがありますので、利用をするのならその点をしっかりと理解した上で、使うようにしてください。
      ちなみに即日での融資にも対応していることが多いので、急にお金が必要になったというケースでも対応することができるでしょう。

プロミス

関連記事

  1. 申し込みをした当日・即日で融資が受けられるキャッシング会社はありますか…

  2. リボルビング専用カードはどうやって使えるの?メリットとデメリット

  3. 闇金とは何ですか?

  4. 夜逃げって現在もあるのか?お金を借りる事と夜逃げについて

  5. 消滅時効とは?気になる消滅時効について

  6. ネットキャッシングのメリット・デメリット

新着記事

PAGE TOP