良く聞くノンバンクって何?

ノンバンクという単語を聞いたことはありませんか?
銀行と似ている単語ですが、性質は少し違ってきます。
ノンバンクと銀行の違いは何なのか?そんなノンバンクの仕組みを紹介していこうと思います。

ノンバンクとは?

ノンバンクは金融機関の一部を総称している単語です。
銀行だけのイメージを持っている人もいますが、信用金庫以外の金融機関を指している単語です。

  • 普通の人はイメージがつかないかもしれませんが、預金システムのない融資や借金のみを扱っている金融機関だと覚えておきましょう。

  • ノンバンクのメリット

    ノンバンクは預金システムする仕組みのない金融機関です。
    お金を借りるときは、ノンバンクかどうかを見るのではなくきちんとした対応をしてくれる金融機関かどうかを見極める必要があります。

    • ノンバンクの具体例としてクレジットカード会社、消費者金融、信託会社などが挙げられます。

    • これらの金融機関はノンバンクで、国から施行されている貸金業規制法を守る必要があります。まずは、この点を見るようにしましょう。

      銀行に比べて、ノンバンクは金利の面で少し高い感じがあります。
      しかし、ノンバンクからお金を借りる一番のメリットは審査の内容や手続きが銀行に比べて低く設定されている点です。
      銀行に比べて、融資や借金を作りやすいのがノンバンクの特徴です。
      融資や借金の作りやすさの負担を埋めるために、金利や手数料などが高く設定されていますが、利用のしやすさは銀行以上です。

      ノンバンクを利用するときは、返済額や返済プランをきちんと考えて借金の問題を解決しましょう。

      きちんと利用すれば、銀行より便利な存在がノンバンクです。融資や借金の受けやすさを考えると、同じ金利なら銀行よりノンバンクのほうがメリットがあります。
      すぐにお金を用意することができるからです。

      お金がどうしても銀行から用意することができないのであれば、ノンバンクを使った融資も十分視野に入れることができるでしょう。

プロミス

関連記事

  1. 約定金利(約定利率)って一体何?

  2. 一般的に消費者ローンとはどんなローンなのか?

  3. カードローンという基本的な仕組みについて

  4. カードローンを利用すると、いくらまでお金を借りられますか?

  5. 無能力者とは?契約の際の無能力者との関係

  6. 遅延損害金・遅延利息で気を付ける事

PAGE TOP