債務不履行って?不履行になると通常はどうなるの?

お金の問題でたまに出てくる法律用語 債務不履行。
法律やお金のことに詳しくない人はどんな意味を持っているのか分からない。そう感じている人も多いでしょう。
債務不履行とはどんな意味を持っているのでしょうか?

債務不履行とは?

債務不履行を専門的に説明すると……故意や過失によって自分の債務を実行しない人のことです。
それにより債権者が損害が出る場合、相手は損害賠償請求や契約解除によって損害を補なうことができるようになります。

難しいので分解して説明すると、債務不履行とは借りたお金を返さなかったりして、法的責任を問われている状態です。

お金を借りた人や貸した人に借金を返済する債務を追います。
それが何らかの事情によって借金を返せない状態が債務不履行の状態です。
それにより問われる法律的責任のことを債務不履行責任といいます。

債務不履行の種類について

債務不履行はお金を返さない人のことを一般的に指しますが、詳しくいくと3種類になります。

まず、1つ目が履行遅延と呼ばれる債務不履行です。

履行遅延とは、債務者が債務を実行する時期に実行できなかった場合を指します。
簡単に言えば、約束の日にお金や品物を渡さなかった場合の債務不履行です。
少し期日を延ばせば、債務が実行できる場合もあります

2つ目の債務不履行が履行不能です。

これは履行がまったくできなくなった状態です。
単純にお金が経済的理由で払えない場合もあれば、故意に払わない場合もあります。
これは社会通念によって決められます。

最後に紹介するのが不完全履行です。

債務の実行はされたけど、その履行に不完全な部分があった場合を指します。

債務不履行が起こるとどうなるのか?

債務不履行が起こると、債権者は債務者に対して損害賠償請求や契約の解除などの行動を取ります。
損害がないと損害外賠償の請求はできませんが、支払いが遅れることで大きな損害を与えた場合は請求される可能性は十分にあります。
契約の解除だけが行われるわけではない事を覚えておきましょう。

プロミス

関連記事

  1. 郵貯共有カードについての有益・基本情報について

  2. おまとめローンとは何ですか?

  3. ローンカードの大まかな種類・知っておきたい基礎情報

  4. 個人信用情報で気を付けること

  5. クレジットカードの割賦購入あっせんについて

  6. 早期完済についてのメリット・方法について

新着記事

PAGE TOP