配偶者や家族が返済できなくなった場合は、本人の代わりに借金を返済する義務はあり

親や兄弟など、家族が返済していない借金の督促が自分にやってくることもあるかもしれません。
こういう場合は、どのように対処したらいいか分からず困ってしまうでしょう。
家族だということで素直に支払いに応じるべきなのでしょうか。
それとも、断固として支払いを拒否すべきでしょうか。
あるいは、そもそも家族の借金を自分が肩代わりしなければならない義務はあるのでしょうか。
ここではこうした点について考えていきます。

法的には返済義務はない

家族の借金だから、その人が返済できなかったら自分にも返済義務があると考える人は少なくありません。
確かにそれが自然な流れであるかのようにも思いますが、実は法的な裏づけからいえば、自分の家族の借金を肩代わりしなければならない義務はありません。
該当する法律はまず民法の規定、そして利息制限法、出資法などが関係しますが、それらの法律よれば、家族という理由だけで返済しなければならないという条文はどこにもありません。

したがって、特に保証人になっているようなこともなければ、仮に返済の請求がきたとしても、支払いに応じる必要はありません。
もちろん支払いに応じなかったとしても、それで処罰の対象になることもありません。
ただし、こうした法的な裏づけを知らない人はうっかり支払ってしまうことがあるので、注意しなければなりません。

返済義務が生じる場合もあります

一方、家族の借金を返済しなければならないことも覚えておきましょう。
それは、債務者の保証人や連帯保証人になっているときですが、この場合は家族としてというより、保証人としての返済義務があります。
保証人に借金肩代わりの義務があるのは、債務者の保証人になることによって、もしその債務者が返せなかったときは自分が返すことを約束しているからです。

保証人や連帯保証人になるということは、債務者の返済を保証することなので、債務者が返せないときはその保証をしなければなりません。
保証人と連帯保証人に加えて、連帯債務者というものがあることも覚えておいてください。
連帯債務者というのは、債務そのものを保証する人間のことで、人の保証を行う保証人や連帯保証人とは区別されています。
連帯債務者になると、債務者が返済できない場合に弁済の責任を負わなければならないので、この場合も返済義務が生じることになります。

以上のように、家族という理由だけで返済義務は生じませんが、債務者の保証人、連帯保証人、連帯債務者になると、返済義務が生じることになります。

プロミス

関連記事

  1. フリーローンとは何ですか?

  2. クレジットカードのコーポレートカードって何?

  3. 免責不許可事由とは?どんな時に適応されるのか?

  4. レディースローンって普通のローンと何が違うの?

  5. 日賦金融(日掛け金融)とはどんな金融か?

  6. 日本貸金業協会とは?

新着記事

PAGE TOP