知っておきたい優遇金利の活用場所と方法について

金利に関してメリットがあるものとして優遇金利がありますが、これは一体どの様な制度なのでしょうか。

優遇金利の活用場所

  • 優遇金利の活用場所ですが、そのほとんどは住宅ローンを借りる、もしくは借り換えを行う場合という形になります。
  • 優遇金利は、金融機関が決めている一定の条件を満たしている場合、全期間、もしくは一定の定められた期間の間、借入れに採用されている店頭金利よりも割合を引き下げている金利の事です。

    店頭金利というのは、住宅ローンを借りる際の、金融機関が定めた基準の金利です。簡単に説明するなら、金利の定価といった考え方といった形になるでしょう。それぞれの銀行が独自に決めているので、各々に異なるのが一般的です。大きく分けて、優遇金利には二つの種類が存在しますから、それについて解説させて頂きます。

    優遇金利のタイプとその活用方法

    一つ目の優遇金利は、当初期間優遇タイプです。この当初期間優遇タイプは、固定金利に対して適用される場合が多いです。固定金利の適用期間に関して、店頭金利から金利が比較的大きく優遇されて、当初の優遇期間が終了してからはわずかに金利が優遇されるという形で、当初期間の優遇が大きいという形の金利となっています。

    具体的には当初期間がおよそ1.1パーセントから1.7パーセント程度の優遇があり、その後の終了後の期間としては0.2パーセントから1.0パーセント程度の金利の優遇となる場合が多いです。

    そしてもう一つの優遇タイプが全期間一律優遇タイプです。こちらは固定金利選択型や変動金利の場合に適用される事が比較的多いタイプとなります。

    借り入れの当初から返済の終了までの期間、すべて同じ優遇の数値で店頭金利よりも金利が優遇されます。実際にはおよそ0.7パーセントから1.2パーセント程度の金利の優遇が多いです。

    • どの様に活用方法を考えれば良いのかというと、当初期間優遇金利は金利が優遇されている期間に家計を安定させることが可能というメリットがあり、全期間一律優遇タイプの場合、ローンを計画的に組みやすいというメリットがあるので上手く使い分けると良いでしょう。
プロミス

関連記事

  1. 知っておきたい約定金利 ・約定日についての情報

  2. キャッシングの返済が遅れてしまう場合は、どうすればよいですか?

  3. クレジットカードについて知っておきたい基礎知識

  4. 免責不許可事由とは?どんな時に適応されるのか?

  5. 知っておきたい担保ローンとは?担保ローンの知っておきたい情報

  6. クレジットカード・キャッシングにおけるホワイト情報とは?

新着記事

PAGE TOP