金利優遇とは?お金を借りるときに金利優遇はどんな場面で使えるの?

金利優遇というのは、事業者が通常貸し付けている金利より低いパーセンテージでお金を借りられるサービスのことです。
キャッシングやカードローンなどを取り扱っている多くの事業者で、このサービスは行われています。
ただ、一口に金利優遇サービスといっても、内容は事業者によって異なりますので、この点をよく理解しておかなくてはいけません。

金利優遇の詳細情報

キャッシングやカードローンなどで金利優遇サービスを受けられると、お金を借りる側としては返済負担が軽くなることを意味します。

ぜひ受けたいと思う融資希望者がほとんどなはずですが、事業者のキャンペーン情報に注目してみてください。

初回返済期日まで無利息、7日間無利息、14日間無利息、30日間無利息といった具合に、無利息期間を設けている事業者があることが分かるはずです。

また、このようなキャンペーンの形でなくとも、金利優遇のサービスが受けられることがあります。
融資をしている事業者というのは、返済能力が高い人ほど良い条件での融資を行い、低いほど悪い条件での融資を行う場合がほとんどです。

返済能力が高い人に関しては、通常金利より低く借りられる場合があるのですが、これも金利優遇サービスを受けていることになります。

一方、返済能力が低い人に関しては、通常金利での貸付が行なわれる場合がほとんどですので、その場合には金利優遇サービスは受けられないということになります。

金利優遇が使える場面と注意点

使える場面というより適用が受けられるタイミングといえますが、契約時になる場合がほとんどです。
無利息の場合は分かりやすいですが、そうでない場合には事業者が設定している上限金利である通常金利と比較してみて、低くなっているか確認してみましょう。
通常金利より低ければ、金利優遇が使えているということになります。

なお、金利優遇キャンペーンが行われていても、申込者の返済能力が低いと判断された場合には、金利優遇は適用にならず、通常金利での貸付が条件での契約になることもありますので、注意が必要といえるでしょう。

プロミス

関連記事

  1. 良く聞くオートローンってどんなローンなのか?

  2. 短期金利 とは?短期金利の構造について

  3. 免責不許可事由とは?どんな時に適応されるのか?

  4. 個人信用情報とは何ですか?

  5. 初めての場合はいくらまで借り入れすることが出来ますか?

  6. 無人契約機で契約する流れを教えて下さい。

新着記事

PAGE TOP