借金・過払いに関する引き直しとは?

キャッシングやカードローンを利用したら、利子をきちんと支払うのが基本です。
しかし、その利子は過払いの可能性があります。
法律に見合った正しい利息を支払っているのか……それを見極める方法として重要になるのが引き直し計算です。

引き直し計算の重要性

キャッシングでお金を借りている人の多くは実質年利20パーセント以上で借りています。
お金を借りるのだから、キャッシングやカードローンを提供してくれる会社で支払うのは当たり前。
何も考えずに借金の返済をすると、過払いをしていまう可能性があります。

利息を決めるキャッシングやカードローンの会社も利息制限法や出資法と呼ばれる特別な法律を守る義務があります。
もしかしたら、利息制限法や出資法に則ると、その借金の利息は過払いかもしれないのです。
それを見極める方法が引き直し計算です。

引き直し計算とは

引き直し計算とは、利息制限法や出資法で決められた利息を支払っていたら、借金はどうなっているのか……それを知るための特別な計算式です。

本来は無効になっているはずの利息制限法を越える利息を元本に充当する形であると仮定して、再計算するのです。
健全に法律を守っているキャッシングやカードローンなら計算式は問題なく答えを出します。
しかし、中には過払いや本来なら借金がゼロになっている場合も計算で導き出されます。
支払いすぎている状態になっている場合は意外と多いのです。

気になったら相談してみましょう

引き直し計算はインターネットで計算方法が紹介されていますが、少し複雑なので専門家に相談してみるといいでしょう。
必要書類を準備すれば、引き直し計算をして、あなたの借金が過払いかどうかを判断してくれるでしょう。

まだ、借金が残っているというのはキャッシング会社の主張でしかありません。
法律に則って引き直し計算をすると、あなたの支払うべき本当の残高が見えてくるはずです。

自分が過払いかもしれない。そう思ったらまずは相談することから始めましょう。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングやローンで和解・和議に関する知っておきたい事

  2. グレーゾーン金利とは何ですか?

  3. キャッシングする際の、お金の使い道を聞かれますか?

  4. 復権(破産法の復権)っていったい何?

  5. 消滅時効とは?気になる消滅時効について

  6. 利息に関する考え方・基本情報について

PAGE TOP