どうしても返済できない時はどうすればよいですか?

お金を借りたら返すのが本来の筋ですが、何らかの事情で借金が返せなくなることもあります。
そのような場合はどう対処したらいいのでしょうか?

できる限りこうした事態に追い込まれないようにすることが大切ですが、万が一、お金を借りて返せなくなった場合にどう対処すべきか、その方法について考えておきましょう。

おまとめローンについて

借金返済がにっちもさっちもいかなくなったら、自己破産すればいいという話は聞いたことがあるかもしれません。
確かにその手段もありますが、しかしそれはあくまでも最終手段であって、それより最も前に、比較的リスクの少ない対処法があります。

  • それが、全ての借金を一本化させる、いわゆる「おまとめローン」の利用です。

  • おまとめローンは、文字通り自分の借金を一本化させる方法ですが、こうすることによって毎月の返済額を減らすことができるのです。

    それだけでも借金返済の負担が大幅に減るので、今までよりも完済しやすくなります。
    借金全体の総額を減らせるシステムはここにはありませんが、月々の返済負担を減らせることがおまとめローンのメリットです。
    また、普通の債務整理とは違って、これを活用しても信用情報に傷がつかない点もメリットになります。

    債務整理するのも

    • おまとめローンで借金を一本化しても、それでも返済が困難という場合には、最終手段として債務整理があります。

    • これは、任意整理、個人再生、特別調停など法的な手続きに訴えることによって、借金の減額をしてもらうという方法です。

      裁判所など国家の力を頼る形となり、いろいろなペナルティーはありますが、確実に借金の減額を行うことができます。
      ただし、債務整理はどれも同じではなく、選択する手続きによって減らせる借金の額や、与えられるペナルティーの重さなどが違います。
      どの手続きを選択しても事故情報扱いになることは避けられませんが、任意整理や特別調停より、自己破産のほうがより悪い印象を社会に与えます。
      したがって自己破産はあくまでも最終手段であると考え、安易に手続きを依頼することがないようにしなければなりません。

      • できるだけ普通の債務整理のみで減額ができるように働きかけて、それでも返済が無理であれば、そのときに自己破産することを考えましょう。

      • また、債務整理の手続きは自分一人では分からないことが多いので、弁護士など法律のプロに依頼してスムーズな手続きができるようにすることも大切です。
        特に、債務整理手続きで経験と実績のある弁護士であれば、手際よく対処してくれるでしょう。

プロミス

関連記事

  1. クレジットカード・キャッシングにおけるホワイト情報とは?

  2. 消費者金融の上限金利を教えて下さい。

  3. キャッシングをすると自宅に郵送物は届きますか?

  4. カードローンの返済方法について教えて下さい。

  5. つなぎ融資って一体どんな融資なのか?

  6. 破産免責っていったい何?一般的な情報と流れについて

新着記事

PAGE TOP