自動審査ってどのような審査ですか?

最近ではキャッシング会社も自社のウェブサイトには力を入れていることが多いです。
返済シミュレータなどのツールが無料で利用できるようになっていたりもするのですが、中でも目玉となっているのが自動審査というものでしょう。
ここでは自動審査について解説していきます。

自動審査っていったいなに?

キャッシング会社のウェブサイトを見ますと、トップページに10秒の簡単審査などのように記載されていることがあります。
この簡単審査と書かれているのが自動審査のことです。
限られた項目をいくつか入力するだけで、審査に通るかどうかを試すことができるという趣旨のものになります。

ただここで勘違いしてはいけないのが、自動審査で通ったとしても、それが必ずしも本審査で通用するかはわからないということです。

あくまでも簡易的な審査となりますので、目安程度に考えておくことをお勧めします。
反対のことを言えば、この自動審査で落ちてしまったというケースでは、本審査でも落ちる可能性が高いので、申込をする前に自分の条件を有利にすることを考えた方が良いでしょう。

自動審査で入力する項目というのは各キャッシング会社で異なります。
少なければ5つほどの入力項目が、多くても7つ程度の項目しかありませんので、かなり簡易的な審査になると考えてください。
基本的に選択した項目の回答によって、ポイントが割り振られており、最終的に何ポイント以上なら融資が可能かどうかということで判断されています。

ちなみに申込をした段階で仮の審査結果を発表してくれるタイプのものがあります。
こちらは審査項目の1つに自動審査が組み込まれていると言ってもよく、申込画面で入力した情報をもとにして仮の審査結果を出してくれるのです。
この審査結果が表示されてから本審査に進むという形ですが、仮審査に落ちてしまうと本審査に進むことはできません。
仮審査で受かっていれば本審査に進むための本人確認電話などが行われることになるので覚えておきましょう。

自動審査に受かるにはどうすべき?

基本的に自動審査のスコアリングというのは上で書いた通りです。

いわゆる本人属性と呼ばれる項目が重要になっており、これらの属性において高属性と判断されるように条件を整えていくことが重要になります。

仮に虚偽の申告をした場合ですが、これは問答無用で審査に落とされてしまうので、注意してください。
場合によっては警察沙汰になるケースもありますので、条件を良くするためには本人の努力が欠かせません。

プロミス

関連記事

  1. 返済する際のリボルビング払いの使い道と注意点

  2. 借金・過払いに関する引き直しとは?

  3. クレジットカードについて知っておきたい基礎知識

  4. 審査が通らない職業はありますか?

  5. ノンバンクとは何ですか?

  6. 年利っていったい何?年利についての基礎知識

新着記事

PAGE TOP