良く聞くサラリーマン金融・サラ金とは?

サラリーマン金融やサラ金という言葉は、近年はあまり見聞きする機会がなくなりましたが、以前はよく見聞きする機会がありました。
この言葉ですが、正確にどのような金融のことを指すのかご存知でしょうか。
ここではサラリーマン金融やサラ金とは何かを解説していますので、興味のある人は以下の内容をご確認ください。

サラリーマン金融やサラ金はどのような金融なの?

いわゆる闇金融のような違法業者のことをサラリーマン金融やサラ金と認識している人が少なくありませんが、実は違います。
サラリーマン金融やサラ金は、消費者金融のことをいうのです。
もっというと、サラリーマン金融やサラ金は貸金業者のことを指す言葉なのです。

また、どうしてサラリーマンという言葉が付いているのか疑問に感じていた人もいるでしょうが、消費者金融はサラリーマンをはじめとする個人に対する小口融資のため、サラリーマン金融やサラ金と呼ばれるようになったのです。

ただ、前述したように違法業者のことをサラリーマン金融と認識している人が多く、違法業者との取引がきっかけで厳しい取り立てを受けるようになったり、法外な金利で首がまわらない状態に陥ったりすることを、サラ金地獄と呼んでいた人も少なくありませんでした。
この言葉が生まれたことがきっかけで適法な業者のイメージが著しく損なわれてしまいましたが、業界が消費者金融という言葉の使用を推進し、広告宣伝でイメージアップを図った結果、現在では適法な事業者は消費者金融と呼ばれ、違法業者は闇金融と呼ばれることが多くなっています。

サラリーマン金融やサラ金利用上の注意

サラリーマン金融やサラ金は消費者金融といいましたが、保証人や担保が不要、比較的審査に通りやすい、すぐに借りられるといったお手軽感があります。

ただ、銀行のローンに比べると金利が高い場合がほとんどで、軽い気持ちで借りたものの返済が進まず、また気軽に借りられるため金銭感覚が麻痺してしまい、気付けば多重債務者になって返済不能になる人が少なくありません。

利用する際には返済計画をしっかりと立て、本当に必要なときにだけお金を借りることが大切です

プロミス

関連記事

  1. キャッシングとは?まずはキャッシングの簡単な仕組みを把握しよう

  2. カードローンの返済が遅れたら、すぐに利用停止されますか?

  3. お金を借りる時に知っておきたい定率リボルビング

  4. 知っておくべき変動型金利についてのまとめ

  5. 店舗まで行かないと借りられませんか?

  6. クレジットカードの国際ブランドについて

新着記事

PAGE TOP