消費者金融でキャッシングした人の信用情報は傷が付きますか?

消費者金融を利用することにネガティブなイメージを持つ人も多いようです。
特に一定以上の年齢の方には多く、かつてサラ金と略されていた時代のイメージを引きずってしまっているものだと考えられます。
このことから消費者金融を利用することで、信用情報にキズがつくと思っている人も少なくありません。
そこで実際にはどうなのかを考えていきましょう。

そもそも信用情報ってなに?

一般的に信用情報という言葉を聞くと、その人の信用度という意味で取られることが多いでしょう。
しかし、どこかの金融機関からお金を借入するという場合は、個人信用情報というものが重要視されます。
これは簡潔に書いてしまうと、その人の収入や職業などの個人情報に加えて、借入の状況や返済の状態などを一括して記録しているデータのことを意味しているのです。
個人信用情報機関という第三者組織が運営しているデータであり、借金の有無や返済の状況など知ることができるので金融機関とすれば必須の情報であると言って良いでしょう。

この個人信用情報に消費者金融を利用することでキズがついてしまうのかという話ですが、まったくキズはつきません。

個人信用情報にキズがつくというのは事故情報が記載されてしまう状態を指します。
事故情報とは返済の遅延や延滞を繰り返しているケースや、債務整理をした場合などを意味する言葉です。
簡単に書いてしまうと、金融機関から借入をしたものの、返済に遅れてしまったり、失敗してしまった時につくものだと考えてください。

この事故情報が記載されてしまうと、新たにお金を借入したり、クレジットカードやキャッシングカードを作ることが難しくなってしまいます。
消費者金融と言っても基本的にはきちんと認可を受けて営業をしている会社となりますので、特に取引をしたからと言って事故情報になるということはありません。
特に大手の消費者金融はその多くが銀行のグループ企業となっていますので、一般的な信用度の面でも問題ないでしょう。

社会的な意味で信用情報にキズがつくことはある?

一昔前に比較すると消費者金融でお金を借りることもしやすくなってきているのが現状です。
ただし、まだまだ消費者金融でお金を借りているところを知り合いには見られたくないという人も少なくありません。
そうした意味では社会的な意味で信用度にキズがつくという可能性は否めないでしょう。

しかし、近年では店舗まで出向いて契約をしたりする必要はありません。インターネットで契約をすることができますし、借入も返済も行うことができます。

また、コンビニにおいてあるATMからでも借入や返済ができますので、ひと目を気にする必要もなくなってきています。

プロミス

関連記事

  1. 消費者金融とは?消費者金融について知っておきたい基礎知識

  2. 銀行ローンと一般のローンとの比較ポイント!銀行ローンのメリットについて…

  3. 自動契約機で申し込みをしても、勤め先に在籍確認の電話はきますか?

  4. バルーン返済方式ってどういう返済なのか?

  5. 申し込みをした当日・即日で融資が受けられるキャッシング会社はありますか…

  6. 破産管財人とは?破産管財人について知っておきたい事

新着記事

PAGE TOP