検索の抗弁権って何?どういう時に使える?

検索の抗弁権とは、法律関係の専門用語のひとつです。
お金を借りることに関する情報を収集していると見聞きする機会が多い言葉ですが、いったいこれが何を意味するのか疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。
以下に分かりやすくまとめていますので、気になる人は内容をご覧になってみてください。

検索の抗弁権に関する解説

お金を借りる際には、保証人を立てなければいけないことがあります。
まず検索の抗弁権は、保証人になった人が主張できる権利です。
お金を借りている本人からお金を貸している事業者が回収不能になった場合、お金を貸している事業者は保証人に返済を要求します。

しかしながら、お金を借りている本人にまで返済ができる余地が残っている場合には、お金を貸している事業者に対し、保証人はお金を借りている本人に返済能力があることを証明して、請求を拒むことが可能です。

お金を貸している事業者が借りている本人のお金や財産から回収するまで保証人としての義務を果たすことを拒否できる権利を、検索の抗弁権というのです。

検索の抗弁権を主張することが可能なシチュエーション

お金を貸している事業者のことを債権者、借りている本人のことを債務者といいますが、保証人に対し債権者が返済の請求が可能になるのは債務者からの回収が不能になった場合のみです。
回収不能な状態というのは、全ての財産がなくなったり、自己破産をしたり、行方不明になったりした場合です。

それ以外の場合にまだお金や財産が債務者に残っている場合には、保証人は検索の抗弁権を主張することが認められています。

なお、保証人といっても連帯保証人に関しては、検索の抗弁権を主張することはできません。

また、似た言葉で催告の抗弁権というものがあります。
これは保証人に対しお金を貸している事業者が返済を請求してきた際に、まずお金を借りている本人に返済を請求するべきと主張することが可能な権利です。
保証人はこの権利をもっていますが、連帯保証人にはない点には注意が必要です。

プロミス

関連記事

  1. 銀行やコンビニのATMでキャッシングの申し込みはできますか?

  2. 債権についての知っておきたい基礎知識

  3. 返済の引き落とし口座が残高不足だったらどうなるの?

  4. カードローンの借入限度額が決まる基準は?

  5. 返済方式とは何ですか?

  6. カードローンの返済が遅れると、勤め先や自宅に取り立てが来ますか?

新着記事

PAGE TOP