勤め先での勤続年数は、申し込み時の審査に影響しますか?

就職したばかりの人がキャッシングを利用するときは、勤務年数のことが気になるかもしれません。
つまり、勤務年数が短いために審査に落とされるのではないかと不安に思うのです。
では実際のところはどうなのでしょうか?
本当に勤務年数がキャッシング審査に影響を与えるのかどうか、これについて考えていきましょう。

勤務年数は審査基準の一つになる

キャッシングの審査ではいろいろなことがチェックされますが、そのチェック項目の一つに勤務年数が入っているのは確かです。
したがって、勤務年数の長さが審査に多少なりとも影響を与えていることも間違いありません。

もちろん、勤務年数が長いほうが返済能力は安定していると判断されるので、この場合は審査に有利に働きます。
逆に勤務年数が短いと、返済能力が安定していないと見られるので、審査に不利に働く可能性があります。
また、勤務年数は融資金額にも影響を与えることになり、年数があまりにも短いと、融資金額が低くなってしまう可能性があります。

一方、キャッシングの審査では勤務年数以外の要素もチェックされています。

それは、年収、居住形態、保険、他社借入件数などですが、勤務年数がそれほど長くなくても、これらの属性が総合的に高ければ、審査に通過することは十分可能です。

ウソの申告をしたら?

勤務年数があまりにも短いことから審査に不利になると思って、勤務年数についてウソの申告をする人もいるかもしれませんが、これは絶対にやってはなりません。

なぜなら、ウソをつくのがいけないことだからというのもありますが、それだけでなく、後でバレたときに、借金の一括返済を求められたり、借入そのものが二度とできなくなってしまう可能性があるからです。

ウソの申告をすることは、本人が思っている以上にペナルティが大きいので、どんなに不利な条件でも必ず正直に申告してください。

ウソがバレないと思っている人もいますが、金融業者はいろんな角度から調査を行って情報を集めていますので、どこから必ずウソがばれてしまいます。

それよりも、他の属性を高めることに注意を傾けたほうがいいでしょう。
キャッシングの審査は、勤務年数以外の多くの属性を総合的に見て判断されますので、勤務年数が不利な条件であっても、他の属性を良くしておけば審査にパスすることができるでしょう。
例えば、年収を多くしたり、規模の大きな会社に就職したり、今の返済状況を綺麗にしておくことによって、好条件を整えることができます。

プロミス

関連記事

  1. クレジットカードの国際ブランドについて

  2. 借金・過払いに関する引き直しとは?

  3. 怖い取り立てはありますか?

  4. 収入証明書について・収入証明書が必要なときは?

  5. キャッシングの申し込み時に収入証明書は必要ですか?

  6. ノンバンクとは何ですか?

新着記事

PAGE TOP