被害が続出?スキミングっていったい何?

近年、テレビでも多く取り上げられているスキミング被害ですが、他人事としてあまり深く理解されていないという方も多いでしょう。

しかし多くの被害が報告されており、メールなどでスキミング被害に注意して下さい、といった警告が銀行によってはあなたの元にも届いているのでは無いかと思います。
クレジットカードをお持ちの方であれが、誰でもスキミング被害に遭う可能性というのはありますから、この仕組みについて知っておくべきです。
被害が続出しているスキミングとは一体どのような行為なのか解説します。

スキミングとは

スキミングとは、カード所有者ではない他人が、クレジットカードの情報を抜き出して、お金を引き出して盗むという犯罪です。

主にはコンビニエンスストアのATMでの被害ですが、銀行ATMにおいてもその被害は報告されています。

実際にどのような手口でスキミングが行われるのかといいますと、スキミング専用のスキミングカードリーダーと、合わせて隠しカメラを設置し、スキミングを行うというケースがほとんどです。

長時間このスキミングカードリーダーや隠しカメラを設置しておく事はスキミングを行う側にもリスクが高いですから、多くの場合は長くても数時間程度で回収するといった形を取る場合が多い様です。

スキミングは防止する事が出来るのか

スキミング被害に遭いたくないと感じていても、もしスキミングカードリーダーや隠しカメラが設置されてしまっていれば、被害は免れないのでは、と感じる方も多いでしょう。
しかし、もしかしたらスキミングが行われているかもしれない、その様に危機意識をしっかりと持っている事によって、被害は防止する事が可能です。

まず注意する点として、入力装置より高い位置に、もし箱みたいな物があった場合には、それがカメラなのでは無いかと疑ってかかるべきでしょう。

次に、利用者が多く警備員がいる可能性も大きい銀行店舗内は被害に遭う可能性が低いのでそうしたATMを利用するというのも良いでしょう。

プロミス

関連記事

  1. キャッシングとは?まずはキャッシングの簡単な仕組みを把握しよう

  2. 任意整理について先に知っておく内容は?

  3. 主婦が夫に内緒で借り入れすることは出来ますか?

  4. 複数社からの借り入れを「おまとめローン」にすると、金利は下がりますか?…

  5. 本人属性とは何ですか?

  6. クレジットカードの割賦購入あっせんについて

新着記事

PAGE TOP