借金と関係ある?小規模個人再生について

キャッシングやカードローンを行う事で、最悪の状況というのは一体どの様な状態でしょうか。
これらの債務というのはお金を借りるという事で、最悪のケースというのは、それをご自身で返済するのが難しいという状況になる事でしょう。
考えたくはありませんが、そういった状況が間近に迫っているという方の為に、こういった場合に一体どうなってしまうのか、そして救済案は何か用意されているのか、という事を解説させて頂きたいと思います。

小規模個人再生とは

もし返済が難しいという様な状況にあなたが置かれている場合、小規模個人再生という制度を活用する可能性もあるかと思います。
この制度について解説させて頂きますと、あなたは会社が倒産する時の民事再生手続きという言葉をテレビや新聞でご覧になった事があるでしょう。

  • これは法律上、倒産という手続きをスムーズに行う為の法律なのですが、これを個人でも使える様にという事で制定されたのが、小規模個人再生という法律です。

  • この小規模個人再生の制度は、誰もが活用できるという訳ではありません。

    まず大前提として、将来に渡って継続的に安定して収入を得られるという見込みがある債務者だという事が条件となります。
    次に、その条件を満たした中で、無担保債権が5000万円以下の方という事も条件として存在しています。

    小規模個人再生は借金と関係あるのか

    具体的に小規模個人再生は債権に対してどの様な措置が取られるのかという事ですが、裁判所と原則として三年間返済するという再生計画を建てて、これを計画通りに返済する事によって、大幅に返済する債務を免除してもらう事が可能となります。

    ですから、借金と小規模個人再生は非常に密接な関係にあると言えるでしょう。

    • 実際にどの程度債務を免除してもらう事が可能なのかという事が気になるかと思いますが、それについては裁判所が決める事であり、債務の額によっても異なりますが、最大で100万円ほどの減額が可能となります。

プロミス

関連記事

  1. 個人信用情報とは何ですか?

  2. キャッシングで知っておきたい残高スライド方式

  3. 金銭消費貸借契約についての注目するポイントは?

  4. キャッシング・借金の一本化って何?

  5. カードローンは総量規制の対象になりますか?

  6. 名義貸しについて知っておきたい事まとめ

新着記事

PAGE TOP